まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】牛魔王は死んだら悪人として地獄行きになるのかな?

 

チチの父である牛魔王。悟空にとっては義理の父親となる人で、悟飯と悟天の祖父にあたります。

 

牛魔王は『悪魔の帝王』と呼ばれ、各地から金銀財宝を奪って自分の城に保管し、逆に自分の城の財宝を狙う者を殺害していました。武道界と裏社会両方で有名な存在で、ウーロンやヤムチャたちは牛魔王のことをめちゃめちゃ恐れていました。

 

武道の師匠である亀仙人から無益な殺生を戒められてからは、殺生をやめて普通に暮らしているようです。

 

今は改心していると言っても、かつて強盗・殺人を行っていたのであれば、文句なしの悪人ですよね……。ということは、牛魔王は死んだら地獄行きになるのでしょうか?

 

牛魔王とは

《出典:ドラゴンボール》

 

フライパン山に住む、全長4メートルほどの大男。ヘルメットやゴーグルを装着し、見た目だけで十分相手を威圧している風貌をしています。

 

亀仙人の弟子であり、悟空の父親である孫悟飯の弟弟子にあたります。亀仙人と孫悟飯のことは尊敬しているようで、かめはめ波を使えない牛魔王は、孫悟飯より武道の才能が劣るみたいですね。それでも牛魔王も武道家として有名で、亀仙人と孫悟飯に次ぐ強さはあると思います。

 

ウーロン曰く、フライパン山に住む牛魔王のことは、学校の教科書に載っているほど有名だとのこと。

 

悟空たちがドラゴンレーダーでドラゴンボールを探しているとき、ドラゴンボールの一つが牛魔王の城で反応したために、悟空たちと遭遇してしまいます。

 

自分の城の財宝を狙う人物を生きて帰さないので、最初は財宝狙いだと思って悟空たちを殺そうとしました。しかし悟空が乗る筋斗雲を見て亀仙人の知り合いだとわかり、打ち解けることになります。

 

それから、牛魔王の娘チチと悟空が結婚したことで、悟空の家族になりました。あまり出番はありませんでしたが、暴走するチチをたしなめたり、悟空を応援したりなど良いお義父さんになっていましたね。

 

牛魔王は普通に悪人なのでは……

悟空の義理の父親として普通に過ごしていますけど、各地から金銀財宝を奪ってきたって歴とした犯罪者ですよね。

 

財宝を奪いにきた人を殺したというのは、相手が悪人とはいえ殺すほどのことじゃない気がするので悪行だと思いますし、そもそも自分も奪ってきたものなのでは……。亀仙人に戒められて改心したって言っても、別に自首したようには見えないし。

 

なんで捕まらずにのうのうと過ごしているかも分かりませんが、現世で裁かれなくてもあの世で裁かれるのではないでしょうか。ドラゴンボールでの地獄に行く基準は不明ですが、改心したって言ってもベジータみたいに地球を救うほどの功績があるわけでもないしなぁ……。割と普通に地獄行きな気がします。

 

ポルンガの願いで生き返っているから極悪人ではない

魔人ブウ編では、過去の界王神との合体が解けて純粋に戻った魔人ブウに、地球を破壊されてしまいました。

 

この攻撃で、悟空・ベジータ・サタン・デンデ以外の地球にいた人間は全て死んでいます。そもそもZ戦士とその家族たち以外のほとんど全ての人は、その前に魔人ブウの無数のエネルギー弾で殺されていますが。

 

牛魔王は神様の宮殿にいたため、精神と時の部屋から脱出してきた魔人ブウによって食べ物にさせられて食べられています。どちらにせよ魔人ブウ編で牛魔王が死んでいるのは確実です。

 

その後ポルンガの願いにより地球と、地球にいた住民たちを生き返らせているのですが、生き返る条件として「極悪人を除く」というものがありました。ダーブラやバビディなどを生き返らせないためですね。

 

この願いにより、神様の宮殿で牛魔王が生き返っているシーンが描写されています。牛魔王は極悪人ではないとポルンガに判断されたようですね。

 

ベジータも極悪人ではないとみなされて蘇っていますが、彼は過去に罪のない人々を大量に殺してきているので、牛魔王以上に悪行を重ねています。ただ牛魔王と違って地球のために戦いもしていますが。そのベジータも地獄行きにはなっていたので、牛魔王も極悪人ってほどではなくても、天国に行けるかは怪しいです。

 

まとめ

牛魔王は極悪人ではないけれど、犯した罪は重いので悪人として地獄行きになると思います。

 

牛魔王はなぜ捕まっていないのでしょうかね。もしかしたら悟空が幼少期の頃に自首して捕まっていたかもしれませんが……。

 

自分の城に侵入してきた泥棒を迎撃するだけならともかく、自分が強盗やっちゃってたっていうのは完全にアウトだよなあ。悟飯と悟天の祖父が犯罪者っていうのは意外とみんな忘れている事実かもしれません。