【ワールドトリガー】二宮・加古・三輪の旧東隊がめちゃくちゃ強そう

東春秋(あずまはるあき)が率いる東隊は、東が後進を育てるためにチームを組んでおり、これまでにも別のメンバーで隊を結成していた過去があります。

中でも強そうな時期が、二宮匡貴(にのみやまさたか)・加古望(かこのぞみ)・三輪秀次(みわしゅうじ)の3人がチームメンバーだった頃。3人とも現在は自分の隊を率いており、全員A級経験者です。

この旧東隊がめちゃくちゃ強そうですよね……。東はかつてA級1位の部隊を率いていた、と言われていますので、おそらくこのときのチームがA級1位だったのではないかと思われます。

今回はこの旧東隊について考察してみます!

スポンサーリンク

旧東隊のメンバーの強さ

旧東隊のメンバーの強さが、改めて考えると異常です。

スナイパー・シューター・シューター・オールラウンダーというちょっと変わった構成。中・遠距離に非常に強いチームです。

東はボーダー最初のスナイパーであり、技術・戦術・指揮能力全てがトップクラスの優秀な隊員。現在はB級部隊の隊長ですが、チームメイトの奥寺常幸(おくでらつねゆき)と小荒井登(こあらいのぼる)の育成を優先しているためであり、本人の実力はA級上位に匹敵すると思われます。

《出典:ワールドトリガー》

射撃されたメテオラを空中で撃ち落としたり、壁抜きを成功させる技術力もさることながら、ランク戦の解説ではA級隊員からも人気があるほど戦術面で尊敬されています。

二宮は元A級部隊の隊長。現在は鳩原未来(はとはらみらい)の隊務規定違反のペナルティとしてB級に降格させられていますが、鳩原がいなくても実質A級の強さがあると思います。

《出典:ワールドトリガー》

個人ではシューター1位、個人総合ランク2位という群を抜いた強さ。ボーダー内でもトップクラスの逸材です。

関連記事:【ワールドトリガー】鳩原が抜けた二宮隊の強さは?B級1位より強いはず

加古はまだ戦闘描写がほとんどないため、本人のはっきりとした強さは不明。しかしA級6位部隊の隊長であり、隊員にも慕われている優秀なシューターです。

《出典:ワールドトリガー》

三輪はA級7位部隊の隊長。弧月とアステロイド、バイパーを使うオールラウンダーで、扱いの難しいレッドバレットを使います。

事前情報があったとはいえ黒トリガー使いのハイレインを相手に一対一で優勢な戦いを繰り広げ、更に黒トリガー使いのミラが加勢してきても、二人相手にダメージを与えた優秀な隊員。

《出典:ワールドトリガー》

黒トリガーの風刃の適合者として(迅に推薦されたからでもあるが)第一候補に選ばれたため、個としての強さはトップクラスであることは疑いようもないでしょう。

こうしてみると全員がA級部隊隊長の実力者。この4人がチームだったらそりゃA級1位も取れるよな……と思わざるを得ませんね。

我の強い二宮・加古・三輪から慕われている東

二宮・加古・三輪の3名は、高い実力を持ちながらも個性の強い人たち。

二宮はボーダートップのトリオン量を持っていたため、最初はボーダー内でぶいぶい言わせていたようですが、東から戦術を教わることで戦術の重要さを知り、東から薫陶を受けるようになりました。

二宮は他のA級隊員のように親しみやすい人物ではなく、玉狛第二のことをボロクソに批判していたことがあることから、やや自分本位な一面も見え隠れしています。東から薫陶を受けていなかったら、もっと嫌味な人間になっていたかもしれませんね。

加古は二宮ほど接しにくい人ではないと思いますが、マイペースな印象が強く、あまり人に従うようなタイプには見えません。二宮と同じく、才能のある人間が好きという点からも、生半可では他者に従いそうにありませんね。

しかし東の戦術や考えをよく理解しており、現東隊がランク戦で雪上戦を仕掛けたときは、作戦を考えたのは東ではなく小荒井だと見抜いていました。二宮のことはライバル視しているからなのか評価が辛口ですが、三輪とは仲良さげであり、旧東隊の面々とは基本的に打ち解けているものと思われます。

三輪は最も我の強い人物で、姉を殺された恨みで近界民を強く憎んで入隊しました。冗談のきかない生真面目なキャラで、二宮以上に常にシリアスな態度を崩しません。

そんな三輪でも東に声をかけられたときは敬語で接しており、東に対しては心を開いていることがわかります。

《出典:ワールドトリガー》

我の強い3人をチームとしてまとめ上げ、今でも慕われている東は、実力も人格も兼ね備えていると言えますね。

後進を育てる東の手腕がすごい

東は自身の強さはもとより、後進を育てる手腕があるのが魅力。

奥寺と小荒井を育てている今も、戦術を二人に考えさせて自分はアドバイスに徹しており、東におんぶに抱っこにならず自立できるよう指導しています。

《出典:ワールドトリガー》

二宮たちのときもそうやって指導していたのでしょうね。だからこそ三人とも自分の隊を作って隊長として部隊を率いることができる人材に成長したのではないでしょうか。

二宮たち3人が優秀だったというのもあるでしょうが、東に育てられたからこそトップクラスの隊員に成長しているのではないかと思います。

奥寺と小荒井はまだマスタークラスに達していないB級レベルの隊員ですが、東の手腕でやがてA級部隊を率いることができる人材に成長するかもしれませんね。

まとめ

二宮たちをまとめていた東は、隊員としても指導者としてもめちゃくちゃ優秀ですね。かつてのA級1位部隊というのも二宮たちの時代だったと思われます。

このときのオペレーターは、現在三輪隊の月見蓮(つきみれん)あたりでしょうか? 月見も東から戦術の指導を受けていますし、三輪と隊を組んでいることから、旧東隊のオペレーターだったら納得ですね。