まったりぐったり

自堕落ブロガーがお仕事や趣味の話を書くブログ。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

斜めに傾いたアパートに入居してしまったゾ

f:id:kujoyugo:20170525202256j:plain

 

こんにちは、九條です。

 

前回の記事で、新入社員の頃に社員寮に入寮したら、通勤時間が片道2時間を越えていたという話を書きました。

 

www.kujoyugo.com

 

入社早々、通勤時間が往復4時間半という地獄だったので、数ヶ月も経たない内にあっさり引っ越すことを決めました!(ジンジブ ゼッタイ ユルサン)

 

新居は通勤時間が往復でも1時間半かからないので、「うはww楽ちんww」と浮かれていたのですが、この家はこの家で大きな問題があったのです。

 

 

この家には一体どんな問題が!?(記事タイトルでネタバレとか言っちゃダメ!)

 

 

新居のスペック

引っ越す理由が通勤時間の長さだったので、とにかく通勤時間を短くすることが絶対条件でした。

 

それから寮じゃなくなるし、新入社員だからお金もあまりないので、できるだけ安いところにしようって基準で探すことになります。

 

勤務先が千葉だったので、千葉だと物件は割と安いのが多く、「えっ、家賃4万で今の家より広いやん!」と、とても良い条件の物件があったので、目をキラキラさせて入居を決めました。

 

勤務先からも片道40分くらいだし、家賃補助もあるから実質、寮よりも安くなるという破格の条件だったのです! これは入居するしかない!

 

 

通勤時間が短い…こんな幸せな気持ちで通勤するなんて初めて! もう何も恐くない☆

 

 

 

入居初日のワイ、異変に気づく

滞りなく引っ越しを終えて、ぼちぼちと荷解きをしていました。

 

テレビのリモコンの電池を入れようと思って、電池を取り出し、一旦机に置いたときです。

 

コロコロコロ……

 

電池が机の上を転がっていきました。

 

 

(……いやいや、乾電池は丸みがあるし、転がるっしょ。おかしくないおかしくない)

 

 

 

コロコロコロ……

 

 

(だが待て。僕は電池をそっと静かに置いたんだぞ? それでこんなに転がるのはおかしい……。何が起きているのかは分からないが、確実に今、何らかのスタンド攻撃を受けている!!

 

 

 

コトーン、トン、トン……コロコロコロ……。(机から落ち、なおも転がる電池)

 

 

どう見ても部屋が傾いてます。本当にありがとうございました。

 

どうしてこうなった

f:id:kujoyugo:20170525205612j:plain

《出典:賭博破戒録カイジ》

 

どうやらアパート全体が斜めに傾いているようなのです! すごーい!

 

部屋を歩いている分には気づかないのですが、ベッドに寝転がったときが一番実感できます。

 

だって、明らかに右側に体の重心が寄ってて、天井が斜めに見えるんだもん。

 

そりゃねー、いくら千葉でも家賃4万円で8.5畳あったらちょっと変ですわ。部屋の下見はしてたんですが、その下見が甘すぎました。

 

よくネットでも書かれてあるんですが、下見のときは部屋の隅にビー玉を置いて、転がるかどうか確認した方が良いです。

 

僕は話には聞いたことありましたが、そんな傾いている物件なんてそうそうないだろと思って怠っておりました……。

 

元々そこの地域は地盤が緩いところなので、おそらく東北地方の大地震の際に、傾いたのではないかと思っています。(震度5強だったはず)

 

まあそこを説明しない不動産屋もいやらしいですが、こういうのは自分できちんと調べて回避していくところなので、完全に自業自得でしたね(´;ω;`)

 

 

あたしって、ほんとバカ

 

 

 

物件の下見はきちんとやりましょう!

f:id:kujoyugo:20170525202444j:plain

もちろんですが、また引っ越すことになりました(^q^) 神奈川、千葉ときて、今度は東京にお引っ越し。東京の家は現在も住んでいますが、家賃が高い分とても快適です。

 

結局のところ、下手に安い物件は何があるか分からないので危険ですよ! っていうのと、斜めに傾いている物件も世の中にはあるので、下見のときにビー玉を置くのは必須です! というわけですね。

 

新入社員で初めての一人暮らししながら、ぽんぽん引っ越ししてたのでめちゃめちゃ疲れました……。自宅は最も心を安らげる場所なので、物件選びは慎重にやるべきだと痛感したお話でした。

 

 

しかし斜めの家にも1年半は住んでいたので、傾いていても慣れてしまえば意外と住めたんですよね。でももう住みたくないけどねっ!