まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

Nintendo Switch本体、Joy-Conなどの修理の発送方法、費用、日程をまとめました

 

Nintendo Switchには面白いソフトが多く、僕も毎日楽しませてもらっています。

 

しかし、Nintendo Switchは本体やJoy-Con、Proコンの故障や不具合が圧倒的に多いのが悲しいところ。

 

任天堂は昔からゲームハードの頑丈さにはとことん追求し、他のメーカーと比べても頑丈で信用できるメーカーでした。子供が扱うことを考慮して、乱暴に扱われても壊れないように作る、というのを信念にしていた企業です。

 

ですがどういうことか、Nintendo Switchは過去の任天堂ハードとは比べものにならないほど壊れやすい。大人が毎日丁寧に扱っても数ヶ月で簡単に不具合が出るほど。

 

あまりの壊れやすさに発売から一年以上経った今でも、ずっと修理センターが混雑している状況です。ハードがたくさん売れてソフトも人気作が多いだけに、本当に惜しいですね。

 

僕はJoy-Conの不具合で二回修理に出したので、任天堂に修理に送る方法、費用、日程をまとめました!

 

故障や不具合を見つけたら確認すること

Nintendo Switchで最も起こる故障は、Joy-ConやProコンのスティックの不具合でしょう。

 

以下の記事で対処法を記載しているのですが、スティックを傾けていないのにキャラやカーソルが勝手に動くといった症状がよく報告されています。これはものの2、3ヶ月で発生しましたね。

 

www.kujoyugo.com

 

上記の記事の通りに対応すれば、スティックの不具合は直せます。しかし、この不具合は時期が経つほど症状が重くなっていき、やがて修理に出さなければ直せないほど悪くなってくると思います。

 

また、ボタンの不具合や、本体のエラーなどが起こった場合は、下記のQ&Aを確認してみましょう。

 

【故障かなと思ったら……】Nintendo Switch篇

 

これらを見ても自力で直すことが不可能な場合は、任天堂サービスセンターに故障品を発送することになります。

 

修理の発送方法

修理するには任天堂サービスセンターに送るか、個別のお店で対応している修理サービスを利用することになります。

 

基本的には任天堂サービスセンターで修理するのが安全です。他のお店はあくまで勝手に修理対応を行っているだけですので、ちゃんとした修理を行ってもらえるか保証がありません。

 

任天堂サービスセンターでの修理は大変混雑しており料金も高いですが、僕は他のところよりこちらで修理してもらう方が良いと思っています。

 

任天堂サービスセンターでの修理は、下記のオンライン修理受付から対応すると、修理料金が5%割引されるので、こちらから対応するのがおすすめです。

 

www.nintendo.co.jp

 

上記にも説明がありますが、修理に送るのは故障や不具合が確認されたものだけで大丈夫です。たとえばコントローラーのスティックの異常であれば、コントローラーを発送するだけで大丈夫。もし予備のコントローラーがあるのであれば、故障したコントローラーを修理中でもSwitchを遊ぶことができます。

 

保証期間中であれば、保証書と一緒に発送すれば送料を着払いにできます。基本的には修理費も無料になりますが、故障内容によっては保証期間中でも修理費がかかってしまうことを認識しておいてください。

 

送り方は定形外郵便やゆうパックで大丈夫です。保証期間中であればゆうパックの方が良いですね。

 

修理にかかる費用

修理費用は故障内容、故障箇所で変わります。

 

コントローラーのスティックやボタンの異常は2000~5000円、本体基盤の交換は10000円以上かかることもあるみたいですね。

 

オンライン受付時に、修理費用が確定したら修理を進めるかの確認を行わせるかどうかを選択できます。もし修理費用が高ければ修理せずに返してもらうということもできますので、いきなり想定外の金額を取られる心配はありません。

 

また、本体基盤の交換の場合は、セーブデータが消えてしまうことに注意してください。本体が動かない、ブルースクリーンになるなどの症状だと基盤交換になる可能性が高いです。

 

Nintendo Switch Onlineに加入していればセーブデータのバックアップサービスがあるのである程度は復活できるものの、全てのゲームソフトが対応しているわけではありません。主にオンライン対応ソフトがバックアップに対応していないことが多いので、本体を修理に出す場合はセーブデータが消えてしまうこともあるという覚悟をしておきましょう……。

 

修理にかかる日程

現在、Nintendo Switchの修理依頼の件数が膨大で、修理にかかる日数が通常よりも長くなっています。

 

これは発売当初からずっとであり、おそらく新型Switchや新型Joy-Conの耐久性が大幅に上がるなどといったことがなければ、この先も修理件数は増加していく一方なのではないかと思います。

 

通常の日程では修理依頼品が任天堂サービスセンター(京都)に到着してから、修理受付までに3営業日必要とします。ですが、修理依頼が混雑している現状では、5営業日以上かかることも珍しくありません。 

 

修理受付から修理内容確定までに一週間以上、内容確定から修理品返却までには更に数日必要とします。

 

修理依頼品発送から返却されてくるまでの期間を合わせると、2~3週間ほどを目安として考えておくと良いでしょう。運が良いと1週間程度で返ってくることもあるようですが、大抵は2週間以上かかると思いますね。

 

僕みたいにNintendo Switchを毎日遊んでいる人からすると、修理期間はかなり長く感じます。本体を修理に出していたときは、スプラトゥーンができなくてマジで発狂しかけました……。

 

コントローラーの不具合はJoy-ConとProコンどちらも発生頻度が非常に高いので、余裕があれば予備も購入しておくことをおすすめします。故障品を修理中に、予備のコントローラーで遊ぶことができるようになりますからね。

 

修理依頼の注意点

修理に出す上で注意することがあります。それは、修理依頼しても「異常なしのため修理しませんでした」と返ってくるパターンがあるということ。

 

これが意外に多く、多くのユーザーが「故障しているのにサービスセンターで再現できないと言われて直してくれない」と嘆いています。

 

どういうときにこうなるかと言うと、再現できる状況が限定的な場合です。たとえば「数時間に一回不具合が発生」だと、数時間も再現テストせずに再現できませんと返ってくる可能性が高いです。

 

スティックやボタンの異常だと、テスト画面で何度やっても確実に異常がでるという状態であれば、まず直してくれると思います。ですがスティックの補正を行うと一時的に正常に戻せる場合(でも時間が経つとまたおかしくなる)は、「補正したら直ったので修理しません」と言われる可能性があります。

 

長い期間をかけてしかも送料も払って修理に出しているのに、何も修理されずに返却されることほど悲しいことはないですよね。できるだけ即再現できる症状の場合に修理依頼するか、不具合の再現方法を正確に記載するようにしましょう。

 

また、よく「Joy-ConやProコンの通信が切れる、または認識が悪い」という不具合の報告があります。こちらについては電波干渉を起こしている可能性が極めて高いです。

 

Wi-FiやBluetoothで通信している機器が近くにあると電波干渉してコントローラーの反応が悪くなったり一時的に通信が切れることがあります。これは構造上の問題なので任天堂からすれば異常とみなしていないし、修理の方法もないため修理されないです。

 

しかし、はっきり言ってJoy-ConとProコンはとてつもなく電波干渉しやすい脆弱な機器であるというのが事実です。今の世の中、Wi-Fiや無線機器を日常的に利用しますよね。パソコンを持っている人なら、キーボードやマウスなども無線にしている人は多いでしょう。特別近くに置いているつもりがなくても割と簡単に電波干渉してしまうのがNintendo Switchなのです……。

 

この症状が起こる場合、できるだけSwitchで遊ぶ部屋では無線機器の利用はやめるようにしましょう。他のゲーム機のコントローラーでは電波干渉しない場所でも、Switchのコントローラーは簡単に電波干渉して誤作動を起こします。無線を利用する機器として致命的なまでに脆弱な構造だと思いますが、任天堂はリコールするつもりはないようですので、自分で対策するしかないのが実情です。

 

どうしても環境を変えても症状が直らないのであれば、修理に出してみると何かしらの対応はしてくれるかもしれません。具体的に症状を書けば、「再現はしないけど念のためJoy-Conを交換しておきます」という対応をしてくれることはあるようです。(それで症状が改善されるかはわかりませんが)

 

まとめ

画期的なゲームハードであるNintendo Switch。売り上げも好調でゲームソフトも素晴らしいのに、どうしてこれほど故障しやすいのか、残念なハードではあります。

 

コントローラーのスティックの不具合ひとつ取っても、自分で操作をするからこそゲームなのにそれが自由にできないというのはかなりストレスが溜まることですよね。故障した機器はしっかり修理していきましょう。

 

自分ではNintendo Switchをほとんど触らず、お子さんから故障したことを告げられたお父さんお母さん。決してお子さんが乱暴に扱ったわけではないですので、何度も修理をお願いされても怒らないであげてください。Switchはどんなに丁寧に扱っても信じられないほど故障が多発しているゲームハードなのです。すでに怒っちゃっていたら謝ってあげてくださいね。(不具合が起こらずに長く遊べる人もいますが、たまたま壊れにくいものを買うことができただけで、扱い方の問題ではないです)

 

コントローラーは予備を買っておくことをおすすめしますし、修理費用も安くはないので買い換えてしまうというのも手です。充実したNintendo Switchライフを送るためになんとか正常に遊べるように頑張りましょう!