まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】占いババは何者? 実はすごい人なのでは

 

ドラゴンレーダーでも探せないドラゴンボールの在処を見つけるために、悟空たちが訪れた人物が占いババ。

 

必ず当たる占いをする代わりに法外な料金を払うか、占いババが用意した戦士を5人倒すかを求められ、悟空たちはなんとか5人の戦士を倒してドラゴンボールの居場所を占ってもらいました。

 

以降の登場は多くありませんが、死者を1日だけこの世に戻せることができるため、魔人ブウ編では悟空とベジータを戻すという大事な役目がありました。

 

占いババは歴とした人間ですが、100%当たる占いや、死者を戻せるなどの力があり、実はすごい人なんですよね。一体何者なんでしょうか。

 

占いババとは

《出典:ドラゴンボール》

 

占いババは亀仙人の実の姉で、年齢は500歳以上。亀仙人とは200歳ほど歳が離れています。

 

年齢の時点でもはや普通の人間とは言えない気がしますが……。200歳離れた姉弟って歳の差が姉弟のレベルじゃねえ。

 

普段は占いをするために1000万ゼニーを要求しますが、大抵の人は払うことができないため、お金の代わりに自分が雇っている5人の戦士と戦わせて楽しむのが趣味となっています。

 

5人の戦士の実力は非常に高く、天下一武道会で好成績を収めたクリリンとヤムチャでも負けてしまうほど。

 

4人目のアックマンは相手の悪の心を増幅させて爆発させるという恐ろしい力を持っていましたが、純粋で澄んだ心を持つ悟空には通用しませんでした。ただ、悟空以外が戦っていたら確実に死んでいたことでしょう。

 

天下一武道会優勝レベルの実力があってやっと倒せたほどですので、普通の人は占いババに占ってもらうことは不可能でしょうね。

 

姉弟仲は悪くはないようで、弟だからといって無料で占ってくれることはしませんが、弟の命がかかっている局面では無料で占ってくれました。融通の利かない人ではないようです。

 

占いババの能力

水晶玉による千里眼

占いババが水晶玉に手をかざすと、探し物であるドラゴンボールや如意棒の在処を映しだし場所を特定することができます。

 

魔人ブウ編では老界王神も似た能力を持っており、魔人ブウとの戦いの様子を水晶玉を通して見ていました。老界王神は魔法使いの老婆とポタラで合体したときにこの能力を得ているため、占いババにも同じように人を映すこともできると思われます。

 

作中ではドラゴンボール探しと如意棒探しのみしかしていませんが、これはとても便利な能力だと思います。人捜し、物探しを容易に行えるということですからね。

 

特にドラゴンレーダーにもひっかからなくなってしまったドラゴンボールを捜すこともできるため、占いババがいればドラゴンレーダーいらずなんですよね。単独でドラゴンボールを集めて願いを叶えることも可能なわけです。

 

占いにかかる費用や条件が一般人には厳しすぎますが、占いババ自身は好き放題この能力を使えるでしょうから、自分のために使い出したらやりたい放題です。

 

たとえば気を察知できない人造人間やセルも、占いババなら居場所を特定できたかもしれません。占いババが手伝ってくれるかはさておき、常に一緒にいてくれたらものすごく頼りになる存在になったことでしょう。

 

未来を視る力

占いババには未来視の力もあります。

 

初めて悟空と出会ったときは、悟空がやがて世界を救う未来が見えていました。これはピッコロ大魔王を倒してくれるという未来を視たことになります。

 

占いババの口ぶりから、はっきりとした未来が見えているわけではなく、漠然とした未来だけが見えているのでしょう。悟空のときも、ピッコロ大魔王を倒すといった具体的な未来までは見えていなかったと思います。

 

サイヤ人編では、ナッパとベジータがやってきた後の未来を視ることができませんでした。「このわしにも今度ばかりは未来が読めぬ」と言っており、サイヤ人の強さが底知れぬことの暗示となっていました。

 

こう考えると未来視の方はあまり使い勝手の良い能力ではなさそうです。どんな未来も見えるわけではないし、なんか雰囲気だけわかるような感じなんでしょうね。

 

未来を視て未来を変えられたらすごいけど、それができないなら、ぶっちゃけ本人的にもこの世のネタバレにしかならない迷惑な能力なのかもしれません。

 

あの世と行き来し、あの世の人間を1日だけこの世に戻せる

占いババは生者ですが、あの世と行き来することができます。

 

魔人ブウ編では魔人ブウとの戦いから逃げるためにあの世に避難しているシーンがありました。これにより、地球人の中でミスター・サタンと占いババだけが、唯一死んだことがない人物となっています。(サタンは悟空たちと界王神界に瞬間移動したので助かった)

 

また、あの世の人間を1日だけこの世に戻すことができる力を持っています。これは、能力というよりあの世から認められた権力(?)なのかもしれません。

 

ベジータをこの世に戻すときは、占いババが閻魔大王からベジータを連れて行くように依頼されています。閻魔大王は占いババの能力を前提に、ベジータの魂を地獄に行かせずに残していました。

 

この世とあの世の理を壊しかねない力を閻魔大王から認められているわけですから、占いババの立場は相当すごいものなんじゃないでしょうか。

 

弟の亀仙人は、当初神様とも会ったことがなく、おそらく神様の存在も半信半疑だったはずです。

 

それに比べて姉の占いババは、神様よりももっと偉い閻魔大王と面識があり、というか死んでもいないのにあの世に行くことができ、あの世の人間をこの世に連れてこれるという唯一無二の力を持っています。

 

弟も武道の世界では十分すごいですが、あくまで地球の中での話。あの世は全ての星を管轄しているのでスケールが違いすぎです。閻魔大王にも認められている占いババは、地球人の中では一番すごい人だと言えるかもしれません。

 

まとめ

占いババはあの世の閻魔大王にも認められている人物。作中でも唯一無二の力を持っているので、もっと活躍することも可能だったと思います。

 

占いババも亀仙人も寿命はあるんでしょうかね……。二人の親こそ一体何者なのか気になる。最低でも200歳以上は生きているということですし。

 

亀仙人も生まれた時からお姉ちゃんが200歳のババァだというのは悲しかったでしょうね。