まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】セルは本来想定していた完全体ではなかったのでは?

 

人造人間編のラスボス、セル。

 

Z戦士が人造人間16号、17号、18号と争っている最中に現れ、三つ巴のように戦況をかき乱していきました。

 

17号と18号を吸収し完全体となったセルですが、このセルは本来ドクター・ゲロが想定していた完全体ではなかったのではないかと思うのです。その理由を考察していきます。

 

セルとは

《出典:ドラゴンボール》

 

ドクター・ゲロが造り出した人造人間。戦闘の達人たちの細胞を集め、その細胞を合成させて造り出した存在。

 

悟空やベジータ、フリーザなどの細胞を使っているため、彼らの気を複合したような特殊な気を持っています。

 

セルを造り出すのに長い年月を必要とするためか、ドクター・ゲロ自身はセルの研究を断念。コンピューターがセルを造り続け、人造人間編から24年後にセルが誕生することになります。

 

本編に登場したセルは、24年後の未来からトランクスのタイムマシンに乗ってやってきました。

 

人造人間17号と18号を吸収することで完全体となれることを知ったセルは、17号と18号を吸収しようとしますが、未来ではトランクスにより17号たちが破壊されていたため、トランクスを殺し過去(本編の世界)にやってきます。

 

本編の世界で17号を吸収し第二形態へ、その後18号を吸収し完全体へと進化します。

 

しかし、これはドクター・ゲロが想定していた完全体だったのでしょうか?

 

完全体になる条件

セルが完全体になる条件は、人造人間17号と18号を吸収すること。

 

二人とも人造人間の中では16号に次ぐ強さを持っています。最強の人造人間二人の細胞を取り入れることで、セルが完成するように予め造られていました。

 

そのためにドクター・ゲロは、17号と18号を人間ベースで造っています。16号は無から造り出したロボットでしたが、ロボットではセルが吸収することができないため、17号たちを人間ベースで製作したのです。

 

吸収されたのは現代の17号と18号だった

しかし未来からやってきたセルに対し、吸収したのは現代の17号と18号でした。

 

未来の17号たちと現代の17号たちでは、性能と人格ともに大きな差異があるとトランクスによって語られています。

 

未来のセルを造ったドクター・ゲロは、当然未来の17号たちを吸収させるつもりだったことでしょう。セルに完全体の情報を教えたコンピューターも、未来の17号たちを吸収すれば完全体になれるという計算だったはずですし。

 

セルが過去へとやってきたのは、セルにとっては誤算ですからね。本当は未来で完全体になってブイブイ言わせたかったのです。

 

未来の17号たちは非常に冷酷な性格で、楽しんで人殺しを行う殺人鬼たちでした。トランクスによれば、強さは現代の17号たちより大きく劣っていたようですが。未来の17号たちの実力については下記記事で考察しています。

 

www.kujoyugo.com

 

現代の17号たちより弱い、未来の人造人間を吸収することがセルの完全体だったと言うのであれば、本来想定していたセルよりも強いセルが誕生してしまったのではないでしょうか。

 

17号18号の吸収はセルの人格にも影響を及ぼしている?

セルは第一形態、第二形態、完全体とで、それぞれ性格が異なります。

 

見た目や戦闘力が大きく変わっているのと同じように、形態変化により人格面にも影響を及ぼしていると考えられます。吸収した人造人間の性格が少し反映されているのかもしれません。

 

未来の17号たちは冷酷でしたが、現代の17号たちはそれほど悪い人たちではありません。やや過激なところはあっても無駄な殺生はせず、穏やかな性格をしています。

 

完全体のセルも悪人であることに変わりはありませんが、フリーザとはまた別種の悪人でした。人殺しに愉悦を覚えるわけでもなかったですし、世界征服などにも興味がないと言っています。

 

セルが造られた元々の理由は悟空を殺すことでしたが、完全体のセルは「それも今となっては意味のないこと」と言っており、積極的に悟空を殺すつもりは特にありません。

 

現代の17号たちを吸収したことで穏やかな性格が少し反映されているのでは? と感じます。ドクター・ゲロが造り出した人造人間なのに、ドクター・ゲロの理念に背いているのは、彼にとって失敗作だと言えるはずです。

 

未来の17号たちを吸収した場合は、セルの人格がまた別のものになっていた可能性があります。そのセルこそ、ドクター・ゲロが造ろうとしていた『完全体』のセルなのではないでしょうか。

 

まとめ

セルの完全体とは、未来の冷酷な17号18号を吸収したものが本来想定されていた完成形。よって本編に登場したセルはある意味『完全体』ではなかったと言えます。

 

ただおそらく、実力的には未来の17号たちを吸収するより強くなっていたのでしょうけどね。戦闘力は完全体以上に強いセルが誕生してしまったのでしょう。

 

人造人間編は未来が絡むことで複雑なストーリー構造になっています。そもそも悟空を殺すだけなら17号たちだけで十分すぎるほどだったはずなのに、セルまで造ったのはなにか別の理由があったのでしょうかね。

 

 

〈人造人間編は28巻から!〉