まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

誰でも簡単にラジオを配信できるアプリ『Radiotalk』を紹介!

 

こんにちは、九條です。

 

2017年8月にβ版がリリースされた『Radiotalk』というアプリを紹介します。

 

『Radiotalk』はスマートフォンのアプリで、完全無料で誰でも簡単にラジオを配信できるサービスです。

 

ラジオと言うと堅苦しく聞こえますが、単にスマートフォンにトークを録音して、それを公開するだけ。何も小難しい設定はいらず、インストールすればすぐに自分のトークを録音できるのが魅力です。

 

僕も最近『Radiotalk』にてラジオ配信を始めました。今回は『Radiotalk』の使い方と特徴、不満点を書いてみます。

 

『Radiotalk』の使い方

『Radiotalk』で自分がラジオ配信したい場合は、スマートフォンのアプリをインストールしてください。

 

Radiotalk-ラジオトークで音声配信を簡単スタート
Radiotalk-ラジオトークで音声配信を簡単スタート
開発元:Excite Japan Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

ラジオを聴くだけならば、アプリから聴くことも可能ですし、下記Webページから視聴することも可能です。

 

radiotalk.jp

 

ラジオの配信方法

ラジオを配信する場合は、『Radiotalk』のアプリを開いてください。

 

 

まず「マイページ」タブから、プロフィールと、自分の番組を作成しましょう。収録したトークは番組から一覧として見られる形式になっているので、番組の設定を先にしておきます。

 

 

それから「ホーム」タブに戻って、画面右下にあるマイクボタンをタップします。

 

 

「収録開始」をタップすると録音が開始されるので、トークを録音しましょう!

 

一度のトークは最大12分まで録音でき、録音途中で終了ボタンをタップすれば12分未満での収録も可能です。(多くの人が一度のトークは数分程度に抑えていると思います)

 

 

収録したら今回のトークのイメージ画像、タイトル、説明文、タグを入力しましょう。タグはスペースを入れると複数のタグを設定できます。

 

最後に「配信」ボタンをタップすると公開されます。「下書き保存」をタップすると一旦公開せずにホーム画面に戻ることができます。(再度右下のマイクボタンをタップすると再びこの画面に戻ります)

 

また、トークを収録し直したい場合は、左上の「←」で戻ることで、トークを収録し直すことができますよ。(ただし、一度下書き保存したトークがある場合は、一度公開しないと次のトークを収録できないようです)

 

『Radiotalk』の特徴

収録が簡単!

前述したやり方で、誰でも簡単にラジオを収録し、配信することが可能です。

 

似たようなサービスとして『Podcast』がありますが、あちらは収録、公開までに一手間かかります。音声ファイルやネットの知識に疎い人には、『Radiotalk』の収録の容易さは魅力的だと思います。

 

ながら時間として手軽に聴ける

パソコンでもWebページからラジオを聴くことができますが、スマホならアプリから聴くことができます。

 

アプリではバックグラウンド再生が可能なので、ラジオを聴きながらスマホで他のことをしていることも可能です。いわゆる、ながら時間として聴けるのです。

 

元々『Radiotalk』は、すき間時間にスマホで閲覧・操作して遊べるコンテンツが多い昨今、音だけで楽しむことができるサービスというところに焦点を当てて開発したとのこと。

 

ひとつのトークは最長でも12分で、人によっては3分4分のトークを公開していることも多いので、ちょっとした時間に他のことをしながら作業BGMとして聴くことができるのが魅力です。

 

再生数、お気に入り登録数がわからない

『Radiotalk』は配信者・リスナーともに、トークの再生数やお気に入り登録数がわかりません。

 

youtubeやツイキャスなど他のサービスではふつう可視化されているところなのですが、これは逆にメリットにもなっていると思うのです。

 

『Radiotalk』は広告収入を得たりなどもできないので、現状は完全に趣味でしかないサービスなのですが、そこで再生数が分かってしまうと、どうしても人気配信者と過疎配信者で格差が生じると思われます。

 

何もわからない方が、誰か聴いてくれているかも、という気持ちで気楽に続けることができるんですよ。

 

人気配信者と自分を比較したりすることもないですしね。コメントなどリスナーと交流する要素もないので、あんまりリスナーのことなど考えずに壁打ちする感覚でトークを収録できるのが、『Radiotalk』の特徴です。

 

『Radiotalk』の不満点

2018/1月現在、『Radiotalk』はβ版ですので、のちのち機能拡張、改善されると思いますが、現状の不満点を記述しておきます。

 

番組・トークの検索機能がない

一番の不満点はこれ。

 

おすすめトーク、新着トークといった一覧はありますが、最も肝心な検索機能がない。なので、誰か知り合いのラジオを聴きたいなと思っても、新着やおすすめの一覧から力業で探すしかありません……。

 

番組やトークをお気に入りに登録する機能はあるので、気に入ったものは登録しておきましょう。お気に入りに入れた番組はホーム画面上部のタブからすぐに見れますよ。

 

収録したトークを公開前に確認できない

トークを収録後、公開前に自分でトークを確認することができません。

 

公開前にトークの取り直しはできるけれど、収録したトークを聴いてみてからやり直す、というのができないんですよね。

 

なので、聴きたかったら一度全世界に公開してみるしかないわけです。初めてやるときはすごく緊張しますw

 

まあでも、確認できたらそれはそれで恥ずかしくなってすぐに消しちゃうかもしれないので、思い切って公開するには良い仕様なのかもしれません。

 

トークを複数下書き保存できない

収録したトークを下書き状態で溜めておくという使い方は現在できません。

 

収録した最新のトークを下書き保存することはできますが、下書き保存したまま次のトークを収録することはできないので、公開を先延ばしにしているだけという感じです。

 

ブログみたいに記事を書き溜めて、投稿日時を調整するってことができないのが勿体ないなあって思いますね。

 

『Radiotalk』を始めてみよう!

興味があれば『Radiotalk』を始めてみてください!

 

配信する側じゃなくても、聴く側としても面白いと思いますよー。