まったりぐったり

ドラゴンボールと遊戯王の漫画考察が中心のブログ。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

Joy-Con(ジョイコン)の不具合の直し方を解説!スティックが勝手に動く、接続が切れるなど

 

どうも、Nintendo Switch のJoy-Con(ジョイコン)が壊れて3回も修理に出している九條です。

 

「スティックを動かしていないのにキャラクターが勝手に動く!」という症状に悩まされている人も多いんじゃないでしょうか? スティックの誤作動は最も発生しやすい不具合なので、僕の周囲でも症状を訴えている人は多いです。

 

また、「Joy-Conの接続が突然切れる」という症状を起こす人もいます。ゲームプレイ中に接続が切れて操作不可能になり、自動で再接続されたり、差し直さないと直らないこともあります。

 

僕もスティックの誤作動、Joy-Conの接続不良にたびたび悩まされてきました。今回はこの二つの不具合の直し方について解説します!

 

Joy-Conを例に出して説明しますが、Proコントローラーでも同じ症状が起こっているときは同じやり方で解決できます。

 

今回のやり方でも改善されない場合は故障とみなし、修理に出すしかありません。修理の送り方と注意点についても記載します!

 

 

スティックが勝手に動く不具合の直し方

1.コントローラーが最新版に更新されているか確認する

コントローラーは本体のアップデートのように、自動でアップデートされていきます。

 

しかしJoy-Conを本体から外していたとかで、たまにコントローラーが最新版に更新されていないときがあります。旧バージョンのコントローラーを使っていると誤作動を起こすことがあるので、まずコントローラーのアップデートを確認しましょう。

  

 

本体の「設定」⇒「コントローラーとセンサー」⇒「コントローラーの更新」を押します。

 

最新でなければアップデートされます。最新版であれば次に行きましょう。

 

2.スティックを補正する

 

本体の「設定」⇒「コントローラーとセンサー」⇒「スティックの補正」を押します。

  

 

不具合が起きているスティックを押し込みます。

 

 

ここでスティックがずれているか確認できます。

 

中心の「+」マークは、スティックを触っていないときに、きちんと中心を向いていることを意味しています。

 

対象のスティックを傾けると「●」マークになって、傾けた先にポインターが動きます。

  

 

スティックに異常が起きているときは、スティックを触っていないのに「●」のポインターが中心からずれてぴくぴくしていると思います。

 

また開いたときは問題なくても、スティックを回転させたり、いろんな方向に倒してみてください。スティックを戻したときにポインターが中心に戻らないようなら、スティックに異常があることが確定します。

 

異常がある場合はXボタンを押してスティックを補正しましょう。画面の指示に従ってスティックを操作すれば、10秒程度で補正が完了します。

 

 

ただし不具合の症状があまりに重いと、補正の際にスティックを離してもポインターが中心に戻らず、補正を完了できなくなります。その場合は修理するしかありません。

 

補正を完了できたら、スティックに触れていないとき「+」ボタンになることを確認できればOKです! 念のため不具合が起こっていないスティックも、ずれていないか確認しておきましょう。

 

3.スティックの補正ができない、補正しても直らない場合

「スティックを補正しようとしてもポインターが言うこときかずに補正が終わらない!」「補正したのに時間が経つとすぐずれてしまう!」という人もいると思います。

 

この場合はスティックが故障していますので、修理にだしましょう。または、新しいJoy-ConやProコントローラーを買うしかありません。

 

スティックの補正で直すことができた人も、そのうちまたずれて補正するを繰り返し、だんだん周期が短くなっていきます。やがて補正で直しきれないほど症状が悪化してくるので、その場合は修理行きです。

 

修理方法は後ほど記載しますが、正直けっこうお金がかかります。保証期間内だと無料になることもありますが、破損とみなされた場合は修理費を取られてしまいます。

 

 

 

「全く破損させた覚えもないのにどうしてお金を取られるんだ!」という気持ちになりますが、任天堂としても修理のしすぎで少しでもお金が欲しいのでは……と感じますね。普通に遊んでいるだけで壊れる脆い作りなのが悪いんですが、こればっかりはどうしようもありません。

 

スティックひとつの修理費はおよそ2000円程度です。しかも修理期間は2~3週間かかるので、修理中にも遊べるようにスペアのJoy-ConやProコントローラーを買っておくことをおすすめします。修理中ずっと遊べないのはめちゃくちゃ苦痛ですからね!

 

 

Joy-Conの接続が切れてしまう不具合の直し方

Joy-Conの接続不良のほとんどの原因は、電波干渉だと思われます。

 

Joy-Conは無線接続で本体と接続しているため、電波干渉により接続が不安定となって、瞬断されてしまうことがあります。

 

問題なのは、常識的なレベルで電波干渉に気をつけていても、Joy-Conは電波干渉してしまうということ。他のゲーム機や無線機器の比じゃないレベルで電波干渉し、接続不良となりやすいです。

 

そのため、対策としては可能な限り電波干渉を抑えられるようにするしかありません。

 

1.本体を正面向きにし、Joy-Conとの距離を極力近づける

テレビモード、テーブルモードでプレイしている場合は、本体を正面向きに配置し、Joy-Conとの距離を極力近づけましょう。

 

テレビモードだと、ドックからケーブルが出る位置が右に固定されているため、左にするために本体の向きを逆にしている人もいると思います。

 

しかし、これだとJoy-Conの左右の電波が交差して干渉しやすくなります。現代にこんな程度で干渉なんてと思うでしょうが、Switchはマジでちょっとしたことで干渉します……。

 

Joy-Conとの距離も可能な限り近い方が良いです。10cmでも5cmでもいいので、少しでも近づけましょう。それが大きな差となります。僕は今までより20cm近づけただけで接続不良にならなくなりました。

 

なんのための無線やねん、って感じですが、ここに気をつけるだけで大きな違いがあります。ほんと、安定した接続ができないなら無線になんかしないでほしかったなあ。

 

 

2.電波干渉を起こすものから本体を遠ざける

Joy-Conに近づけたのとは逆に、電波干渉を起こすものから本体との距離を離しましょう。

 

テレビ、ケーブル類、金属などとの距離を極力離してください。マジで5cmでも長く距離を取った方が良いです。

 

任天堂の公式Q&Aには以下の記載があります。

 

・電波干渉を引き起こすような機器(電子レンジ、コードレス電話など)が周囲にある場合は、それらの機器の電源を一時的にOFFにするか、場所を変えてお試しください。
・本体を金属製のラック内に設置している場合は、ラックの外に出して改善するかお試しください。
・本体やコントローラーに、ライセンス商品ではないカバーなどを取り付けられている場合は、取り外して改善するかお試しください。

 

まあ大抵の場合はこれらに気をつけていても症状が発生しているかと思いますが、神経質なレベルで少しでも距離を取ることをおすすめします。

 

3.他の無線機器を使用しないか、距離を取る

Wi-Fi通信、Bluetooth通信する機器をできるだけ使用しないでください。電波干渉してしまいます。使用する場合は最低でも1m以上は距離を取りましょう。

 

スマホ、タブレットはもちろん、パソコンのマウスやキーボードを無線接続している人もいると思いますが、パソコンと距離が近い場合はやめた方が良いです。

 

特にBluetoothはやめましょう。Joy-ConがBluetoothで接続されているため、他のBluetooth接続している機器と混線します。

 

スマホやタブレットのBluetooth接続もオフにするのが無難です。(OSをバージョンアップすると勝手にオンになることがあるので注意)

 

これも今のご時世かなりきついですよね。でも接続不良が起こるならこれが原因の可能性が一番高い。他のゲーム機や通信機器は安定接続できても、Joy-Conは本当に混線してすぐ接続が切れます……。無線機器として欠陥のある構造になっているんでしょう。

 

そもそもスマホで通話プレイを任天堂が推奨しているくせに、スマホと距離を取らないと電波干渉するというのはもはやギャグだと思います。

 

 

4.これらの対策をしても接続が切れてしまう場合

接続不良の場合は、修理に出しても解決しないことが多いです。

 

Joy-Conの修理は設計通りに直すだけなので、根本的にJoy-Conの設計が悪い場合はどうしようもないんですよね。

 

実際に僕も本体とコントローラー全てを修理に送ってみましたが、「不具合が再現できない」とのことで何も直らずに返ってきました。僕の場合、1~3の対策を徹底したことで、今のところ再現しなくなりましたが。

 

ただ修理に送ると、電波干渉しづらくさせるスポンジをJoy-Conの中に入れるといった対策を取ってくれることがあります。(修理せずに返すと言っておきながらこっそり入れられていることもあるとか)

 

また、ひょっとすると本体やJoy-Conに故障している部分があるかもしれないので、それを確認してもらうために送付するのはアリです。電波干渉ではなく故障が原因で接続不良が起きているかもしれないので。

 

ただしこの場合は本体も修理に送る必要があります。スティックだけ送ってもたぶん何も直らずに返ってくるので、故障かどうか見たいのであれば本体も一緒に送って全て見てもらわないといけないでしょう。

 

2~3週間はSwitchで遊べなくなるので、なかなかきついと思います。しかも送っても直らない可能性の方が高いというダメ元ですからね。僕も一回送ったけど直らなかったので絶望しましたよ……。

 

Joy-Con、Proコンなどの修理の送り方

「スティックの補正をしても直らない」、「どうしても接続不良が直らない」という場合は、修理に出しましょう。

 

ボタンが反応しないという不具合や、Nintendo Switch本体がフリーズするといった不具合の場合も、修理方法は同じですので、以下を参考にしてください。

 

修理に出す前の注意点

先ず修理に出す前に注意点があります。

 

一つ目の注意点は、修理先は任天堂以外にも修理業者が多数いますが、任天堂以外の業者に依頼するのは避けてください。

 

基本的に任天堂以外の業者に修理を依頼する方が、料金が安かったり早く直ったりすることが多いです。任天堂よりも修理依頼件数が少ないからですね。それをアピールポイントにしている業者はたくさんいます。

 

しかし任天堂以外の業者は正常に修理してくれる保証がありません。「何も修理されずに見積もりで料金を取られた」というトラブルも実際にありますし、もっと言えばわざと他の部位を壊しやすくして何度も修理にこさせるといった悪質な業者も存在します。

 

全ての業者が悪いわけじゃなく中にはちゃんとした業者ももちろんいますが、共通するのは任天堂ほどの知識と技術力があるわけではないこと。間違った知識で修理を施す可能性もあり得ます。

 

信頼という意味では間違いなく任天堂の方が良いですので、任天堂に修理を依頼することを強く推奨します。

 

 

 

二つ目の注意点は、任天堂は再現できる不具合しか修理することはできないということ。

 

スティックの不具合であれば、スティックの補正で一時的でも正常に戻る場合、「異常を確認できませんでした」ということで修理されずに返ってきます。

 

Joy-Conの接続不良であれば、接続が切れる現象が再現できなければ修理対応は行われません。頻繁に切れるならともかく、数時間に一回とかの頻度だとたぶんそこまでテストしてくれないと思います。

 

よって、これは任天堂側でもすぐに再現できるレベルで異常が発生している、という場合に修理に出すと良いでしょう。それまでは騙し騙し使っていくしかないかと。

 

ただ本体のフリーズ、ブルースクリーンといった不具合は、基板がはっきりと故障していることが多いです。こういう場合は基板の故障が確認できるので修理してくれます。

 

要は見て壊れているかが分かるかどうかということです。本当に壊れているのか、異常が起こっているのかを任天堂が判断できなければ、修理されずに返却されてしまうので注意してください。

 

オンライン修理受付の利用をおすすめ

任天堂サービスセンターでの修理は、下記のオンライン修理受付から対応すると、修理料金が5%割引されるので、こちらから対応するのがおすすめです。

 

www.nintendo.co.jp

 

上記にも説明がありますが、修理に送るのは故障や不具合が確認されたものだけで大丈夫です。

 

たとえばコントローラーのスティックの異常であれば、コントローラーを発送するだけで大丈夫。もし予備のコントローラーがあるのであれば、故障したコントローラーを修理中でもSwitchを遊ぶことができます。

 

保証期間中であれば、保証書と一緒に発送すれば送料を着払いにできます。基本的には修理費も無料になりますが、故障内容によっては保証期間中でも修理費がかかってしまうことを認識しておいてください。

 

発送は定形外郵便やゆうパックで大丈夫です。保証期間中であればゆうパックの方が追跡サービスや損害賠償制度があるので良いですね。

 

修理にかかる費用

修理費用は故障内容、故障箇所で変わります。

 

コントローラーのスティックやボタンの異常は2000~5000円、本体基盤の交換は10000円以上かかることもあるみたいですね。

 

オンライン受付時に、修理費用が確定したら修理を進めるかの確認を行わせるかどうかを選択できます。もし修理費用が高ければ修理せずに返してもらうということもできますので、いきなり想定外の金額を取られる心配はありません。

 

また、本体基盤の交換の場合は、セーブデータが消えてしまうことに注意してください。本体が動かない、ブルースクリーンになるなどの症状だと基盤交換になる可能性が高いです。

 

Nintendo Switch Onlineに加入していればセーブデータのバックアップサービスがあるのである程度は復活できるものの、全てのゲームソフトが対応しているわけではありません。

 

主にスプラトゥーンなどのオンライン対戦ソフトがバックアップに対応していないです。本体を修理に出す場合はセーブデータが消えてしまうこともあるという覚悟をしておきましょう……。

 

 

修理にかかる日程

現在、Nintendo Switchの修理依頼の件数が膨大で、修理にかかる日数が通常よりも長くなっています。

 

これは発売当初からずっとであり、おそらく新型Switchや新型Joy-Conの耐久性が大幅に上がるなどといったことがなければ、この先も修理件数は増加していく一方なのではないかと思います。

 

通常の日程では修理依頼品が任天堂サービスセンター(京都)に到着してから、修理受付までに3営業日必要とします。ですが、修理依頼が混雑している現状では、5営業日以上かかることも珍しくありません。

 

修理受付から、返却されてくるまでの期間を合わせると、2~3週間ほどを目安として考えておくと良いでしょう。運が良いと1週間程度で返ってくることもあるようですが、大抵は2週間以上かかると思いますね。

 

僕みたいにNintendo Switchを毎日遊んでいる人からすると、修理期間はかなり長く感じます。本体を修理に出していたときは、スプラトゥーンができなくてマジで発狂しかけました……。

 

コントローラーの不具合はJoy-ConとProコンどちらも発生頻度が非常に高いので、余裕があれば予備も購入しておくことをおすすめします。故障品を修理中に、予備のコントローラーで遊ぶことができるようになりますからね。

 

 

 

修理品が返却されたら、修理明細票を保管しよう

修理品が返却されてきたら、以下のような修理明細票が届きます。

 

 

修理後3ヶ月以内に同一箇所を故障した場合は、修理明細票を修理品と一緒に送ることで、無料で修理してもらえます。

 

特にスティックの不具合は、毎日遊んでいたら3ヶ月以内にまた症状が起こることも珍しくないですからね。修理明細票はなくさないようにきちんと保管しておきましょう!

 

最後に

Nintendo Switchは面白いソフトがいっぱいあるので、ちゃんと正常なコントローラーで遊びたいですよね。

 

不具合が起こるコントローラーで遊ぶのはすごくストレスが溜まります。任天堂はJoy-Conをリコールするべきだと思うんですが、今更リコールすることはもうないでしょうね。このまま修理対応で突っ切るつもりでしょう。

 

修理ばっかりで嫌になりますが、修理しないと気持ちよく遊べないのも事実。ストレスが解消されることを考えれば、予備のコントローラーを購入しておいて、故障したものはどんどん修理に出した方が良いと思います。良きスイッチライフを!

 

 

 

《充電グリップがあればJoy-Conを充電しながらプレイ可能!》