まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】ミスター・サタンはどうやって天下一武道会を優勝できたのか

 

セル編にて登場した地球の英雄、ミスター・サタン。

 

英雄と言っても実力は一般人のレベルで、世間から異常な過大評価を受けている人物。世間ではセルと魔人ブウを倒したのはサタンということになっています。(ブウの記憶は地球人から消えているので、何かから救った程度の認識)

 

その実力は瓦割りで14枚割り、パンチングマシーンでは最高139点を出せるほど。現実世界だったら十分実力者ですが、ドラゴンボールの主要キャラクターたちと比べると足元にも及ばないレベルです。

 

ミスター・サタンは悟空たちが出場していない第24回天下一武道会で優勝を果たしています。しかし、サタンの実力で何故優勝できたのでしょうか。

 

ミスター・サタンとは 

《出典:ドラゴンボール》

 

セル編から登場した地球人で、格闘技の世界チャンピオン。

 

実力は現実レベルのため、実際は悟空はもちろん、ヤムチャやチャオズよりも遙かに弱いです。

 

自分の実力に過剰な自信を持っており、自分より強い人物をなかなか認めようとしません。気功波を放ったり、空を飛んだりすることもトリックと言い張る始末。

 

セル、ブウに果敢に挑む身の程知らずですが、なんだかんだで悟空たちの戦いに貢献して活躍しています。セル編では16号を悟飯の元に投げ入れ、ブウ編では地球人たちに元気玉を作ることを協力させました。

 

お調子者で傲慢なところもありますが、正義感は高い人物。

 

一人でブウを倒そうとしたときは、実力的に敵わないと悟り、力ではなくブウと仲良くなって人を殺さないように説得するという方法で地球を救おうとしました。

 

これにはピッコロも、サタンの娘のビーデルに「力は俺たちに敵わんかもしれんが、やはりお前の父は誇り高い世界チャンピオンだ」と発言しています。

 

ブウを倒した後は、悟空たちの強さと真剣に地球を救うために戦っていたことを理解して、傲慢さが抜けて仲良くなっていました。(娘のビーデルが悟飯と結婚したので悟空たちとは親族になりました)

 

天下一武道会で何故優勝できた?

悟空たちに敵わないとはいえ、それでもサタンは一般人より強いです。

 

パンチングマシーンでもサタンの記録に他の人たちは驚いていましたし、ブウ編では犬を撃ったチンピラを素手で叩きのめしています。

 

サタンが優勝した天下一武道会では悟空たちが出場していないので、彼らを除けばサタンは強い方なのは間違いないのでしょうが……それでも腑に落ちない点はあります。

 

過去の天下一武道会ではサタンでも勝てなさそうな強敵が何人かいるんですよね。

 

たとえば、悟空に予選で二度も敗れたチャパ王。噛ませ犬的な扱いではありましたが、亀仙人やヤムチャが悟空でも厳しいかもしれないと予想したほどの実力者であり、かつて天下一武道会を対戦相手から一度もかすられもせずに優勝したとのこと。

 

亀仙人曰く「とにかくすさまじいほどの達人」というふわふわした評価を受けているチャパ王。チャパ王が第24回天下一武道会に出場していたかは不明ですが、出場していればサタンに負けるとは思えません。

 

他にも、天空×字拳という技であり得ないほど上空にジャンプできるナム。彼は天下一武道会に出場する理由が特にないので、もう出てこないとは思いますが、常人の域を超えた強さだったのでサタンより強いでしょう。

 

こう見ると作中で登場したZ戦士以外にサタンより強いと思われる人物が結構います。サタンはあくまで常識レベルの達人であって、そのレベルを超えた達人ほどの強さはないはずですからね。

 

悟空たちのせいで天下一武道会のハードルが上がった?

天下一武道会は元々世界チャンピオンを決める大会なのでレベルが高いのですが、作中で悟空たちが出場した回は例年よりも更にレベルが高くなっていました。

 

チャパ王も自分の実力に大きな自信を持っていたと思いますが、二大会連続で悟空に手も足もでずに予選敗退。流石に自信喪失した可能性はありますね。

 

第23回天下一武道会のベスト4は、悟空・ピッコロ・天津飯・神様と化物揃いで、まともな武闘家ならこんな大会出たくなくなるほどのハードルの高さになっていると言えるでしょう。

 

天下一武道会出場のハードルが上がりすぎたことで、常人のレベルを超えた達人たちは出場しなくなったのかもしれませんね。

 

それにより第24回天下一武道会では、常識レベルの武闘家たちが集い、サタンでも優勝できるレベルになったのかも。

 

セル編以降の一般人の反応を見ていると、ナムのジャンプ力もトリックだと思いそうな感じなので、サタンより強い人は出場していなかったんだと思います。

 

まとめ

悟空たちによって天下一武道会のレベルが異常に上がったため、サタンより強い達人は諦めて出場しなくなり、運良く優勝できたものと思われます。

 

サタンがこんなに崇められている状況なら、以降の天下一武道会には強者がまた集いそうですけどね。

 

サタンはセル編でもブウ編でも生き延びた唯一の生存者(他には、あの世に逃げてた占いババだけ)なので、運の良さだけは天下一だと思いますw