まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

『人狼ジャッジメント』レビュー。人狼初心者の入門に最適なオススメアプリ!

 

こんにちは、九條です。

 

最近スマホアプリの『人狼ジャッジメント』が流行っていますね。

 

人狼 ジャッジメント
人狼 ジャッジメント
開発元:Sorairo,inc.
無料
posted withアプリーチ

 

『人狼ジャッジメント』は、パーティゲームの『汝は人狼なりや?』を基にしたアプリ。村人サイドと人狼サイドに別れて、話し合いで人狼を見つけていくゲームです。

 

『汝は人狼なりや?』を遊ぶには多人数必要となりますし、ややマイナーなゲームですので、知らない人、知っているけどやったことない人は多いと思います。

 

僕もゲーム自体は知っていましたが、難しそうなゲームだと思ってなかなか手をつけることができませんでした。多人数集まって嘘を吐いたり嘘つきを暴いたりするコミュニケーションゲームなので、初心者は怖くて手を出しにくいんですよねw

 

そんな人狼初心者にもオススメなのが『人狼ジャッジメント』。人狼ゲームの勉強にもなりますし、純粋によくできたアプリゲームでとても面白いです!

 

無課金で楽しめますので、人狼に興味がある方は気軽にプレイしてみてください。今回は『人狼ジャッジメント』をレビューしていきます!

 

 

『人狼ジャッジメント』とは

概要

www.youtube.com

 

  • 対応機種:Android 4.1以上、iOS 8.0 以上
  • 価格:無料(課金要素あり)
  • プレイ人数:1~20人

ネット上の人とオンラインで対戦でき、最大で20人まで一緒にプレイできます。

 

フレンド登録したフレンド同士で屋敷を建てて遊ぶこともできますが、最低でも9人くらい集まらないと面白くならないので、大抵は野良で遊ぶことになるでしょう。

 

無料で遊ぶことができるのですが、ライフ制度があり、一日に5回までしか遊べない仕様となっています。毎日0時にライフが5個まで回復します。

 

課金することで更にライフを増やすことができますが、動画広告(15~30秒程度)を一度観るとライフを1つ回復することができるので、広告を観れば課金する必要は全くないです。

 

他に課金要素はありませんので、実質無料で遊び放題なのが嬉しいところ。広告も多くはアプリゲームの広告なので、TVCMを観ている気持ちで観れますよ。

 

そもそも一戦に20~30分はかかるので、一日5回だけでも十分遊べます。はまると僕みたいに徹夜してやり続けるようになるので注意が必要なくらいです……。

 

対戦する前に

まず、『汝は人狼なりや?』を全く知らない完全初心者の方がいきなりプレイすると、確実に何もできずに殺されるのがオチですので、下記公式サイトにてルールを確認しましょう。

 

人狼 ジャッジメント ヘルプ

 

役職の説明もありますが、本作では役職が50種類以上用意されています。

 

ただ実際のゲームではそんなに多くの役職を見かけることはありません。ひとまず初心者が覚えるべき役職は、「市民」「占い師」「狩人」「霊能者」「狂人」「人狼」の6種類で十分。

 

『汝は人狼なりや?』を知っている方であれば、この辺の役職は知っているでしょうから、サクッとゲームをプレイしてみて大丈夫だと思います。

 

対戦の流れ

「オンライン対戦」→「全国対戦」を選択すると、自分で屋敷を作るか、誰かが建てた屋敷に入ることができます。

 

 

屋敷毎にルールが異なるのでよく確認しましょう。マイルールに設定されたルールに近い屋敷が上位に表示されるので、最初は「ルールマッチング100%」の屋敷に入ると良いでしょう。

 

デフォルトルールでは9人村となり、役職は「市民3人」「占い師1人」「狩人1人」「霊能者1人」「狂人1人」「人狼2人」です。他にもたくさんの役職が用意されていますが、まずはこのデフォルトルールで経験を積むのが一番だと思います。

 

屋敷に入るとキャラ選択画面となります。人狼ジャッジメントでは、対戦中は選択したキャラとなってゲームをプレイすることになります。

 

 

キャラ数は全部で23人。固有キャラを使うので名前を覚えやすいのが良いところですね。

 

規定人数集まるとゲームが開始されます。始めに自分の役職が表示されますので、役職ごとに設定されている勝利条件を満たせるように振る舞いましょう。

 

対戦中はチャットで会話できます。他の参加者とコミュニケーションを取っていきながら、嘘を吐いている人や怪しい人を探していきます。

  

 

自分が市民陣営であれば人狼を見つけて吊る、人狼陣営であれば自分が吊られないように頑張ってください!

 

狼チャットと墓場チャット

チャットは対戦中いつでもログを遡って確認できます。

 

また、狼チャットと墓場チャットというものがあり、人狼だけが見られるチャットと、死亡した人だけが見られるチャットがあります。

 

人狼は通常のチャットと狼チャットの切り替えが可能で、狼チャットで発言した台詞は赤く表示され、人狼にしか見えません。仲間の人狼と秘密の会話をするときに使いましょう。

 

 

死亡した人もチャットに参加可能ですが、グレー色の台詞となり、生存している人物には台詞が見えなくなります。

 

 

死亡した人はゲーム終了までやることがないので、敵陣営の人とも墓場チャットで雑談したり一緒に推理したりできますw

 

ゲーム終了後はすべてのログを見られる

ゲームが終了すると、屋敷を抜けるまでの間は、そのゲーム中の会話ログをすべて確認できます。

 

このときは今までの狼チャットと墓場チャットもすべて見られますので、どんな会話をしていたのか確かめられます。

 

人狼サイドはどんな作戦で襲撃先を決めていたのかとか、墓場ではどんな推理が行われていたのかとかを知れるので、ログの確認もとても勉強になりますよ。

 

戦績確認が可能

ゲームの勝敗は戦績として記録されます。

 

 

プレイ回数やプレイ時間、勝利数などが分かるので、勝率を上げていけるといいですね。

 

本作の魅力

初心者が多く、初心者に優しい

人狼ゲームは手慣れたプレイヤーが集まる印象がありましたが、本作はライトユーザーに大ブームとなったこともあり、初心者がとても多いです。

 

デフォルトルールでは初心者歓迎部屋となっているので、人狼ゲームが初めてだという人も気楽に入ることができます。

 

個人的に「初心者です」と自ら言うのはオススメしませんが、言動から初心者っぽいなと思われる人には大抵みんな優しくなります。

 

初心者歓迎部屋は初心者がいるのが当たり前という感覚でプレイしているので、ゆっくりプレイできる環境だと思いますよ。

 

安心して学べる観戦機能

いくらルールを読み込んで、初心者に優しいと言っても、たぶんいきなり対戦するのは相当な勇気が必要でしょう。

 

そこでオススメなのが「観戦」です。すでに規定人数集まっている屋敷には、観戦として屋敷に入ることができ、第三者の立場でゲームを眺めることができます。

 

観戦者はチャットにも入ることはできませんが、みんなと同じように推理してゲームを楽しめますので、自分が戦犯になる恐れなしにゲームを学べる良い機会です。

 

墓場チャットや、ゲーム終了後のチャットでは、「こうしたら良かった」とか「こういう戦術だった」とかトークしていることもあるので、みんなの会話からセオリーや戦術を学んでいきましょう。

 

この観戦はライフを消費しないのも良いところ。最初は観戦だけでも楽しいので、自分でも推理しながら観戦しまくって、流れに慣れてきたら実際に参加してみるのをオススメしますよ!

 

対戦中に用語確認ができる

本作には様々な専門用語が登場します。

 

「狩人貫通で」「霊能ロラします」「280」「ベグ噛みですね」とかみんなガンガン言ってきますが、初心者は「何言ってんだこいつ」状態でしょうw

 

『汝は人狼なりや?』で使われる専門用語もありますが、本作特有の用語もあります。

 

こういった専門用語は左下のメニューから用語の意味を確認できますので、意味がわからない言葉がでてきたらメニューを確認しましょう。

 

 

用語を選択すると説明文が表示されます。

 

 

頻出する用語は、観戦しているときに確認して覚えておくと良いでしょう。知らない言葉ばっかりの状態で対戦すると、用語確認ばっかりしてて発言ができず、寡黙を理由に吊られてしまいやすいので注意。

 

キャラになりきったロールプレイが面白い

対戦中は選択した固有キャラが自分のキャラとなりますが、発言内容も選択したキャラに合わせてロールプレイしている人が多いです。

 

見た目がオカマっぽいリリアンを選択している人は、口調もオカマになっている人が多いですし、見た目が濃いゲイルやトーマスを使う人は面白い人が多い印象w

 

人狼ゲームを真面目にプレイするのは当然としても、こういうロールプレイが面白い屋敷は空気が良くなるので負けても楽しいですw 本作特有の面白さのひとつだと思いますよ。

 

30件までログを残すことができる

ゲーム終了後、そのときのログを保存して、いつでも読み返すことができます。(狼チャットと墓場チャット、ゲーム終了後のチャットも残ります)

 

最大で30件までのログ保存が可能です。良いプレイングができたときや、チャットの内容が面白かったときのログを保存しておけるのが嬉しいですね。

 

無料でいくらでも遊べる

これ。

 

アプリゲームと言えば課金のイメージが強いですが、本作は無課金でも全く問題ありません。

 

課金はほぼお布施くらいの気持ちですね。よっぽどお金と時間が有り余っていて、お金かけてでも動画を観ずにたくさんプレイしたいと思う人でない限り、まず課金しないでしょう。

 

プレイ中の広告も最小限しか表示されず、邪魔になることはありません。非常に快適にプレイできるゲームだと思います。

 

気になる点

荒らしや放置はそこそこいる

自由にチャットができるゲームである以上仕方ないですが、チャットで荒らしを行う人もたまにいます。

 

暴言を吐く、利敵行為を行う、何も発言せずに放置する、というプレイヤーはそこそこ見かけます。ユーザをブロックする機能がありますので、ゲーム終了後に該当ユーザーをブロックしておきましょう。

 

特に初心者部屋だと結構な頻度で部屋に1人か2人見かけるって感じですね。荒らしはデフォルトルールの屋敷に入りやすいので、慣れてきたら中級者部屋に行くといいでしょう。

 

もちろん多くのプレイヤーは健全にプレイしていますので、変な人がいたら運がなかったなって思ってそっとブロックしておくくらいが良いと思います。

 

威圧的なユーザーもいる

初心者部屋であれば優しい人も多いですが、それでも威圧的なユーザーも一定層います。

 

自分の論理や戦術が正しいと信じ込んで、自分と異なる発言している人に徹底的に噛みついたり、威圧的に自分が正しいと主張してくる人もいます。

 

戦術に慣習や流行りみたいなものがあり、初心者は流行りの戦術しか知らないから、「自分の知らない戦術を言う人=狼だ!」という発想をする短絡的なユーザーも見かけますね……。

 

人狼ゲームという性質上、お互いを疑い合う必要がありますし、特に人狼サイドは嘘を吐いて相手を吊らせなければいけません。かといって、攻撃的な言葉が許されているわけではありません。

 

あくまで論理で自分が村人であると説得できるようになりましょう。喧嘩腰で発言してくる人に乗っからないように気を付けて下さい。

 

ちなみにこれは、中級者以上の屋敷の方が、むしろみんな言葉がきつくなってくると思います。ゲーム終了後も禍根が残るような言い合いはしないようにしていきたいですね。

 

まとめ

人狼初心者の入門として最適なゲームです!

 

対人コミュニケーションゲームなので、どうしても困ったユーザーと遭遇することはありますが、それを加味しても魅力的で面白いゲームだと思います。

 

僕は人狼をやったことのない完全初心者でしたが、本作は一週間くらいで80戦以上(観戦含めれば100戦以上)しているくらいはまってしまいました。

 

デフォルトルールの屋敷に慣れたら、「妖狐」など他の役職が入った屋敷に行くのもありですよ! セオリーが大きく異なるので新鮮なプレイが楽しめます。

 

人狼好きの人にも良い環境だと思いますので、是非プレイしてみてはいかがでしょうか。

 

人狼 ジャッジメント
人狼 ジャッジメント
開発元:Sorairo,inc.
無料
posted withアプリーチ

 

『汝は人狼なりや?』をモチーフにした怪奇ノベルゲームのレビュー記事を書いていますので、併せてどうぞ!

 

www.kujoyugo.com