まったりぐったり

ドラゴンボールの漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

Nintendo Switchソフト『星のカービィ スターアライズ』レビュー。コピー能力のバリエーションがシリーズ最多!

 

こんにちは、九條です。

 

2018年3月16日に発売された、Nintendo Switchソフト『星のカービィ スターアライズ』をクリアしました!

 

 

据え置き機の『星のカービィ』シリーズとしては、『星のカービィ Wii』以来の作品。Switchのソフトも続々と増えてきて嬉しいですね。

 

Switchを持っている方にはオススメできる良作です。本作の魅力と、気になったところをレビューしていきます!

 

 

『星のカービィ スターアライズ』の概要

 

  • ジャンル:横スクロールアクション
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 価格:5980円
  • プレイ人数:1~4人(オンラインマルチ非対応)

 

内容は、いつもの正統派『星のカービィ』といったところ。様々なコピー能力を駆使して敵を倒しながらステージをクリアしていくゲームです。

 

『星のカービィ スーパーデラックス』のように、敵をヘルパーとして仲間にすることができ、最大3人のヘルパーを連れられます。

 

また、お馴染みのデデデ大王やメタナイトも仲間にできます!

 

本作はJoy-Conおすそわけプレイで、友達と2~4人で遊ぶことが可能です。ただし、オンラインマルチには対応していませんので、注意してください。

 

本作の魅力

コピー能力のバリエーションが豊富

『星のカービィ』シリーズの魅力と言えば、なんといってもコピー能力でしょう。

 

コピー能力の数はシリーズ最多の28種類! 新コピー能力として「アーティスト」「スパイダー」「スティック」「フェスティバル」が追加されました。

 

ひとつひとつのコピー能力に様々な技があり、そのバリエーションは『星のカービィ スーパーデラックス』時代よりも更に多彩になっています。

 

たとえば、プラズマは上空にも攻撃できるようになり、プラズマバリア中に高速移動ができる『でんこうせっか』という技も使えるようになりました!

 

 

1週するだけでは楽しみ尽くせないほど豊富なので、色々なコピー能力を試していきましょう!

 

ヘルパーとの合体技で更にコピー能力が派手になる!

本作では特定のコピー能力に属性が付与されており、それを味方のコピー能力と組み合わせて、強化することができます。

 

たとえばヨーヨーにアイスの能力を与えることで、ヨーヨーの攻撃に氷属性がつき、敵を凍結させられる強力な能力に変化します!

 

 

氷属性が付与されると、攻撃の軌道に氷柱が発生し、見た目も派手になります。

 

 

属性は、炎、水、氷、雷、風の5種類。『星のカービィ64』と違い、能力を合体しても技自体に大きな変化はありませんが、派手なエフェクトと敵の相性に合わせた戦いができ、コピー能力のバリエーションが増えたと言って良いと思います。

 

28種類のコピー能力それぞれに複数の技があり、属性を付与させることで更なる変化が可能。本作のアクションはカービィシリーズでも屈指の爽快さですよ!

 

ヘルパーのとっかえひっかえが面白い

本作は常にヘルパーを3人まで連れ歩けます。

 

ヘルパーを作る方法は、Xボタンでフレンズハートを敵に投げて、ぶつけるだけ!

 

 

 

『星のカービィ スーパーデラックス』とは違って、自分のコピー能力を解除しなくても次々ヘルパーを作れるので便利です。

 

道中の仕掛けを解除するために、色々な属性や合体技が必要となるので、その時々でヘルパーをとっかえひっかえ交代していくことになります。

 

ヘルパーがいると、自分も様々な能力や属性に付け替えていけるので、戦闘が派手になり楽しいです!

 

またヘルパーのCPUはなかなか頭が良いので、仕掛けの解除を積極的にやってくれますし、属性の相性が良い敵にちゃんと攻撃してくれます。仲間が優秀なので一緒に冒険している気分を感じやすくなりますよ!

 

フレンドとの協力プレイはシリーズでも一番面白そう。Switch一台でも二人で遊べるので、家族や友人と一緒に遊んでみてはいかがでしょう?

 

気になる点

ややボリューム不足

カービィシリーズは元々プレイ時間が長いゲームではありませんが、シリーズの中でもややボリュームが少ないかな? と思いました。

 

具体的にはストーリーが、体感的に過去シリーズの7~8割くらいの長さだったと思います。やり込み要素も難しくないですし、10時間もあればコンプリートまでいけそう。

 

ストーリーモード以外ではヘルパーを操作するモードが遊べますが、一周のプレイ時間は短いです。色んなヘルパーを選んで周回する前提のモードですね。

 

ただ前述したように、コピー能力やヘルパーの豊富さは過去作と比べても群を抜いており、密度は濃いがストーリーが短い、と言った印象ですかね。

 

過去作でも何度も周回プレイして遊んできたというプレイヤーであれば本作もがっつり楽しめると思います。一周してやめるタイプの人だと、ボリューム不足だと感じるかもしれません。

 

難易度はゆるい

難易度はゆるいです。僕はクリアする頃には残機が100を超えてましたw

 

ヘルパー3人を常に連れ歩いているお陰か、道中もボス戦も苦戦することはありませんでしたね。

 

またステージ中の仕掛けを解いて隠し要素を集めるやり込みにおいても、ヒントが多く必要なコピー能力も近くにあることが多いので、初見でもかなり集められます。

 

良く言えばゲーム初心者向きで、子供でも問題なく楽しめるでしょう。ストレスなく爽快なバトルを楽しみたい人には丁度良い難易度です。

 

悪く言えば歯ごたえがなく、物足りなさを感じるかも。

 

個人的に戦闘の難易度はゆるくて良いですが、やり込み要素はもっと難しくしていいかなーと思いました。サクサクプレイ好きな人にオススメですね。

 

オンラインマルチ非対応

これな。

 

フレンドとプレイするのが何より面白いであろう本作、オンラインでフレンドとプレイできないのが痛い!

 

『星のカービィ』シリーズの本編でオンラインマルチに対応したことってないんですよね。技術的には十分可能だと思うので、今回期待していたのですが……。

 

僕みたいにリアルフレンドがいない人にとっては痛恨の仕様。せっかくSwitchには『スプラトゥーン2』などオンラインで盛り上がるゲームがあるのだから、その波に乗っかってほしかったですね。

 

総評

ボリュームはやや短めに感じましたが、爽快なアクションが楽しく、周回プレイしたくなる良作だと思いました!

 

無料アップデートで過去作キャラがヘルパーとして追加される予定もあるため、周回プレイの楽しさは更に増していくでしょう。できればステージ追加のアップデートも期待したいところです。

 

『星のカービィ』シリーズが好きな人、しばらくやっていなかった人には十分オススメできます。Switchに良作が増えてきて嬉しい限りですね。