まったりぐったり

ドラゴンボールと遊戯王の漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】ピッコロとベジータの差はどこでついたのか

 

悟空のライバルと言えば、ベジータの名を挙げる人が多いのではないでしょうか。

 

作中でもベジータは常に悟空をライバル意識し、老界王神にもライバル同士とはっきり言われていましたからね。

 

しかし、ピッコロもかつては悟空のライバルと言えるほどの格と強さのあるキャラクターでした。

 

一時的に悟空やベジータを超えるほどの強さを手に入れる時期もあるなど、パワーインフレの激しいドラゴンボールの世界では珍しく後半までついていけていたキャラだと思います。

 

それでも残念ながら途中から第一線で戦えなくなり、魔人ブウ編ではフュージョンを教える教育係みたいなポジションに甘んじてしまいます。

 

ピッコロとベジータは、悟空のライバルとしてどこで差がついてしまったのでしょうか。

 

宿命のライバル感があったピッコロ

《出典:ドラゴンボール》

 

元々ピッコロは、ピッコロ大魔王として世界征服を狙っていた魔族であり、幼き頃の悟空に倒されています。

 

死ぬ直前、自らの分身として生んだ子供が、後に仲間となるピッコロです。

 

悟空を殺すために天下一武道会に参加し、決勝戦で悟空と壮絶の戦いを繰り広げて惜しくも敗れました。

 

悟空は仙豆を食べさせてまた今度闘うことを誓い、ピッコロはもっと力をつけて再び悟空を殺しにくることを宣言。

 

この頃は悟空とピッコロが宿命のライバルとしての関係性にあり、実力もほぼ互角で、悟空以外のキャラでは足元にも及ばないほど強かったです。

 

ちなみに悪の化身として生まれているものの、なんだかんだこの時点では人殺しした描写がなく、それほど悪人たらしめる行為はしていませんでした。(殺人未遂なら結構あるが)

 

ライバルと共闘する熱い展開

ラディッツが攻めてきて、圧倒的な強敵を前に悟空とピッコロが手を組みます。

 

これには亀仙人も興奮するほど驚くことで、まさか大魔王として恐れられていたピッコロと共闘することになるなど、読者も予想していなかった展開でしょう。

 

この時点でクリリンも足手まといになるほど悟空との実力差は大きかったので、まともに敵と戦えるのは悟空とピッコロの2人だけでした。

 

この頃はまさに悟空の正当なライバルという感じでしたね。

 

徐々にベジータに差をつけられる

地球でのベジータとの戦いの後は、ベジータが悟空のライバルとして台頭。

 

実力的にもピッコロより遙かに強く、ナメック星において悟空を含めどんどんパワーインフレが進んだため、界王様のところで修行していたピッコロは大きく差をつけられていきます。

 

ピッコロもナメック星人なので、地球人のクリリンや天津飯よりは格上なのですが、戦闘民族であるサイヤ人の方がやはり強くなりがちなんですよね。

 

フリーザとの戦いの前にナメック星人のネイルと融合し、一時的にベジータを大きく上回る力を身に付けますが、ベジータが一度瀕死になってからデンデによって復活した後は、再度戦闘力が逆転しているようでした。

 

このあたりから悟空のライバルと言えばベジータであり、仲間内の強さではピッコロは3番手に甘んじるようになってきました。

 

人造人間編にて異常なパワーアップを遂げる

フリーザとの戦いで悟空が超サイヤ人となり、ベジータも人造人間編で超サイヤ人化します。

 

超サイヤ人は通常時より50倍の強さとなるのが公式設定らしく、もはや超サイヤ人になれなければ闘いについていくことは不可能と言えるほどのインフレとなりました。

 

しかしそんな中で異常なほど強くなっていたのがピッコロです。

 

ナメック星での闘いでは第三形態のフリーザにすら歯が立たなかったので、戦闘力はせいぜい数百万くらいと予想。

 

最終形態フリーザの戦闘力はおよそ1億程度と言われており、人造人間19号、20号の実力はそれ以上だと思われます。

 

その20号を圧倒するほどの強さを見せつけたピッコロ。超サイヤ人化したベジータも「ほう……」と一定の評価を下しているようなシーンがあります。

 

超サイヤ人が50倍の戦闘力となっているのであれば、素の状態の悟空とベジータの戦闘力は意外と低いです。

 

ピッコロは超サイヤ人でもないのに戦闘力1億を超えるほどの強さを身に付けていたため、これは成長スピードが異常と言えます。

 

超サイヤ人の悟空と一緒に修行していたことがこの超パワーを手に入れられた理由でしょうか。悟空は修行を教えるのも上手そうですしね。

 

とは言え悟空とベジータよりはまだ弱いでしょうし、3番手であることは変わらないでしょう。やはり超サイヤ人は伝説と言われるだけあり、その域に達するのは厳しいのかな。

 

神様と融合した時点がピーク

人造人間17号たちに惨敗したピッコロは、神様と融合することで超サイヤ人以上の強さを手に入れます。

 

このときは完全にベジータ以上の強さであり、人造人間17号とも互角の戦いを繰り広げました。個人的にピッコロ対17号の戦闘はドラゴンボールでも上位に位置するほど好きな闘いです。

 

《出典:ドラゴンボール》

 

しかし精神と時の部屋の修行で悟空やベジータ、更には悟飯にまで抜かれてしまい、セルとの闘いではもはや足手まといに。

 

ピッコロも精神と時の部屋に入り、悟空から「レベルそのものが上がった」と言われるほど強くはなったはずなんですがね。

 

以前とは違い一人で修行していたからか、前ほどの驚異的な成長はできなかったようです。そして、セルとの闘い終了後は、第一線を引く形となります。

 

魔人ブウ編ではベジータは悟飯以上の強さにまで成長していましたが、かたやピッコロは悟天とトランクス以下。

 

セルとの闘い以降から、ピッコロは悟空のライバルというよりも、悟空の参謀みたいな立ち位置となってしまいました。

 

やはり種族の差が大きかった

ベジータたちが超サイヤ人にならず通常状態であれば、ピッコロも良い線いけるどころか、人造人間編以降はピッコロの方が強くなっていると思われます。

 

結論はやはり超サイヤ人がインチキすぎるということ。むしろナメック星人なのにあそこまで強くなれたことの方がすごいと言えます。

 

超サイヤ人の悟空とライバルになれるのは、同じ超サイヤ人でなければ無理なのでしょう。というか、ベジータも言うほど悟空とタメ張れるほど強いわけでもないんだけど……。

 

セル編から魔人ブウ編にかけての7年間でピッコロがどれだけ強くなったかは不明ですが、悟天たちが超サイヤ人になったときに気圧されていたので、戦力外クラスだったことは間違いない。

 

せめて悟空と一緒に修行できていれば、ピッコロもまだそれなりに強くなれていたのかもしれない。一人だと瞑想しかしないからなあピッコロさん……。

 

 

〈ピッコロと共闘するサイヤ人編は17巻から!〉