まったりぐったり

ドラゴンボールと遊戯王の漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】悟空とキビトがポタラで合体していたら地球は終わっていた

 

ドラゴンボールでは2人の人間が合体(融合)して強くなる方法がいくつかあります。

 

ナメック星人同士はこれを得意としているようで、片方をベースにして相手を吸収し、飛躍的に強くなることができました。作中ではピッコロが、ネイル・神様の2人と融合して強くなっています。

 

他の方法としては、メタモル星人が使う「フュージョン」による融合と、界王神が装着しているイヤリングである「ポタラ」による合体があります。

 

悟空はポタラでベジータと合体することで、悟飯吸収後の魔人ブウを圧倒して、地球の危機を救いました。

 

その裏で界王神様とその従者であるキビトが、デモンストレーションとしてポタラで合体してしまい戻れなくなるという悲しい出来事がありましたが、実は悟空とキビトが合体してしまう危険があったというのは、意外と語られていない事実です。

 

ポタラによる合体

《出典:ドラゴンボール》

 

ポタラとは、界王神やその従者が普段から装着しているイヤリング。

 

現界王神もキビトもただのアクセサリーだとしか思っていなかったようですが、老界王神から合体の効果があることを教えられます。

 

2人が右耳と左耳に片方ずつ装着することで、2人の体が引き寄せられ合体するというやり方。合体した強さはフュージョン以上であり、しかも時間制限もないという強力な効果です。

 

逆に通常はポタラで合体すると永遠に元に戻れないので、現界王神も老界王神も合体が解けないことが苦にもなっているようですね。

 

界王神とキビトの合体

《出典:ドラゴンボール》

 

悟空にポタラの効果を直接見せるために、犠牲となってしまった界王神とキビト。

 

合体したら二度と戻れないことを知らずに、老界王神の説明するままに合体してしまうという、普通にひどい展開でした。

 

しかも合体して強くなっても、ベジータ未満の戦闘力ってことなんでしょうしね。最後に悟空とベジータの2人で純粋魔人ブウと戦うときも、キビト神(今つけた呼称)は戦わなかったですし。

 

超サイヤ人じゃない悟空と悟飯でもなんとか振り回せていたゼットソードを、キビトは全く持ち上げられなかったレベルですしね。フリーザにも勝てるのか怪しい……。

 

この2人は元々ポタラを両耳に付けていたため、合体するときはお互い片耳ずつポタラを取ることで、合体できました。

 

界王神が左耳、キビトが右耳だけ装着している状態となったため、合体する条件を満たしたということです。

 

悟空とキビトが合体しかけていた!?

界王神とキビトが合体するとき、すでに悟空は老界王神からもらったポタラを左耳に装着していました。

 

そう、キビトと反対の耳にポタラを装着していたということは、キビトが左耳のポタラを取った瞬間、キビトは悟空と合体する条件を満たしていたはずです。

 

キビトより界王神の方が先にポタラを外していた場合は、悟空と界王神の2人が同時に、キビトとの合体条件を満たしていたと思われます。

 

このときの3人の位置関係を見てみましょう。

 

《出典:ドラゴンボール》

 

界王神の方が悟空よりもキビトに近い位置にいますね。

 

おそらく2人以上の人が合体の条件を満たしていたときは、一番近くにいる人と合体するということなんでしょう。

 

ポタラの合体には2人の距離の制限もあるとは思いますが、悟空とキビトの距離で合体できないなんてことはないと思います。

 

悟空とベジータの合体時も2人は結構近くにいましたが、悟空がベジータにポタラを投げ渡していたので、手渡しはできない距離だったと考えられます。

 

悟空とキビトの距離も手渡しはできないが非常に近い位置にいるので、まず2人も合体できたことは間違いない。ポタラの合体はフュージョンと違って、力の差とかも関係ないし。

 

もし悟空が界王神よりもキビトに近い位置に立っていたか、もしくは界王神より早くキビトが左耳のポタラを外していたら、悟空とキビトが合体してしまうところだったということです。

 

前述のとおり、キビトの戦闘力はかなり低いと想定されます。ダーブラにも瞬殺されていましたし。

 

しかもキビトはサイヤ人じゃないから、合体後に超サイヤ人になれるかも怪しい。もう完全に魔人ブウに勝てていたとは思えないですね……。この2人が合体していたら地球は終わっていたことでしょう。

 

結論

キビトと合体したのが界王神で良かった。

 

合体したら二度と戻れないというのも恐ろしい話ですよね。そもそも合体自体が十分怖いんだけど。どんな感覚なんだろう。

 

 

〈魔人ブウ編は36巻から!〉