まったりぐったり

ドラゴンボールと遊戯王の漫画考察を書いています。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

【ドラゴンボール】何故ドクターゲロは人造人間16号をあそこまで恐れていたのか

 

人造人間編にて、作中で最初に登場する人造人間は19号と20号です。(初期の頃に8号も登場してましたが)

 

19号はベジータにより破壊されてしまいます。20号のドクターゲロは、ベジータたちと闘うためにやむを得ず17号と18号を起動しました。

 

17号たちは当時のベジータたちより遙かに強かったですが、ドクターゲロの言うことを全く聞かないのが欠点。ドクターゲロ自身もできれば17号たちを起動したくないが、このままでは殺されるので仕方なしといった感じでしたね。

 

案の定17号たちはドクターゲロの言うことを聞かず、更に未稼働の16号を見つけて、勝手に起動させようとします。

 

その際にドクターゲロは16号の起動を必死になって止めようとしていました。

 

《出典:ドラゴンボール》

 

結局ドクターゲロは17号に殺されて、16号が起動されますが、これといって16号は悪い奴ではなかったです。

 

何故ドクターゲロはあそこまで16号の起動を恐れていたのか、考察してみました。

 

人造人間16号とは

《出典:ドラゴンボール》

 

ドクターゲロが作り出した16番目の人造人間。エネルギー永久式の人造人間で、実力は人造人間の中でも最強です。

 

製造された目的は「孫悟空を殺すこと」であり、その任務には忠実に従っていました。

 

しかし世界征服といったことには興味がないようで、そもそも争いを好まない平穏な性格。悟空を殺そうとはしていましたが、その他のZ戦士との戦いは拒んでいます。

 

助けてもらったクリリンに感謝を述べる、セルとの対戦時に天津飯に逃げることを促す、悟飯に戦闘のアドバイスを行うなど、基本的には良い人物だったと言えます。

 

17号たちと違って、16号は無から造られたロボットタイプの人造人間。17号は「無から造り出せる技術があるのに何故また以前の人間ベースに戻したのか」と疑問を抱いている描写がありました。

 

その回答は作中で描かれていませんが、セルを造るためという理由で間違いないでしょう。

 

セルの完全体化には17号と18号の吸収が必要ですが、16号は吸収しようとしてもロボットタイプであるために吸収できませんでした。そのことを考えると、セルに吸収させるために17号と18号は人間ベースに戻したのでしょうね。

 

最後はセルに破壊されてしまい、おそらくロボットであるためにドラゴンボールの願いでも蘇生されず、残念ながら完全に死んでしまったものと思われます。

 

16号はドクターゲロに忠実だった?

17号と18号はドクターゲロに従わず、2人とも少々横暴だけどそれほど悪人ではありません。

 

悟空を倒そうとしていましたが、それもドクターゲロのためではなく、とりあえずの目標が欲しいというだけの理由。

 

それに「悟空を殺す」ではなく、「悟空を倒す」とよく表現していたので、ただこの世で一番強い人と闘いたいというだけの目的だったと思えます。たぶん悟空に勝てても殺すことはしなかったでしょう。

 

それに対して、16号ははっきりと「悟空を殺す」と何度も言っており、一見ドクターゲロに忠実であるように見えます。

 

《出典:ドラゴンボール》

 

しかし同じくドクターゲロが製造したセルを殺そうとしていたところを見ると、基本的にドクターゲロの理念に従っているわけではないと思われます。

 

実際17号たちがドクターゲロの言うことを聞かずに16号を起動しようとしたとき、「いちいち逆らいやがって、貴様らも16号と一緒で失敗作だ」と発言していました。

 

ドクターゲロからすれば言うことを全く聞かず手をつけられない人造人間という認識だったのではないでしょうか。

 

世界を滅ぼすつもりがあった?

ドクターゲロは16号を起動されそうになったとき、「この世界そのものを滅ぼしたいか!」と言っています。

 

本編を見ている限りとても16号にそんな気があったとは思えませんが、これはどういう意味なんでしょう。

 

16号がドクターゲロの言うことを聞かないという前提で考えると、ドクターゲロからすれば「何をするか分からないやつ」って考えだったのではないでしょうか。

 

実力的にはドクターゲロはもちろん17号たちですら手に負えないほど強いため、やろうと思えば世界を滅ぼすことは可能です。

 

自分より遙かに強い上にコントロールすることができない人造人間ということで、「(もしかしたら)世界を滅ぼされるかもしれないぞ」と思っていたんですかね。

 

結論

人造人間16号が恐ろしい人物だというわけじゃなく、コントロールができず当時の時点ではぶっちぎりで最強の強さを持っていたために、何をしでかすか分からず恐れていた、と考えます。

 

17号たちの首を絞めるかもしれんぞ、と言っていましたが、それも現実は逆でした。2人に対して「お前たちは良いやつだ」と言って、セルから身を挺して護っていましたね。

 

ただドクターゲロからすれば、16号は敵と言っても良かったのでしょう。セルと闘っていたということは、ドクターゲロの理念に賛同していないということでしょうし。

 

16号、17号、18号はみんな良いキャラをしていたので、もう少し活躍の場が欲しかったです。特に16号は死んでしまったのが悲しい……。

 

 

〈人造人間編は28巻から!〉