まったりぐったり

自堕落ブロガーがお仕事や趣味の話を書くブログ。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

仕事で忙しいときは、肩の力を抜いて取り組むことが大事!

 

こんにちは、九條です。

 

サラリーマンとして働いていると、仕事があまりない閑散期もあれば、残業ばかりになってしまう繁忙期もあると思います。

 

会社や部署によっては、もうずっと仕事多すぎみたいなこともありますよね。

 

僕も入社から3年くらいは非常に仕事が多くて、チーム全体でたくさん残業しているのに、仕事は溜まっていく一方って感じでした。

 

僕は仕事が残っていたり進捗が遅れるのが嫌になるタイプだったんです。別に仕事人間ってわけでも意識が高いわけでもないのに、仕事は変に真面目で、ちゃんと全部こなさないといけないって気持ちが強かったです。

 

それによって、どんどん残業が増えて疲れが溜まる一方でした。こういう人って、真面目な日本人には割と多いんじゃないかな。

 

残業続きになると、一日中仕事のことしか考えなくなっちゃうんですよね。そうなると寝てても仕事の夢を見るようになったりして、段々と精神的に参ってくると思います。

 

そこで自分を守るために決めたのが、仕事は肩の力を抜いて取り組むということです。

 

全ての仕事が大事なわけじゃない

真面目な人に陥りがちなのは、どんな仕事でも全力で取り組もうとすることです。

 

仕事には緊急度と重要度があります。急いでやるべき仕事、やる必要性の高い仕事などがあります。

 

たとえばお客様からのクレームだとか、障害が発生しているとかなら、緊急度が高いので早急にやるべきです。

 

でもそんなに急ぎでもなく、重要でもないってものもありますよね。こういった仕事まで無理して忙しいときにやることはない。

 

特に「それやる必要あるかな?」って思える仕事を上司が作ってくる場合もあると思うんですが(定期ミーティングとか)、こういうものこそ無理なときはやらないか、簡易的に済ませられないか上司に相談してみると良いでしょう。

 

新人の頃はなんでもかんでも必ずその日中にすべての仕事をやっていたので、それはそれで偉いかもしれないけど、その分残業ばっかりで大変でした。仕事の後回しは繁忙期には大事なことです。

 

責任感を持ちすぎないことが大事

責任感が高い人ほど、どんな仕事も指示通りに仕事して、納期を守ってこなそうとします。仕事のトラブルがあれば自分を追い込んででも対応しようとします。

 

それは会社員としては素晴らしい姿勢ですし、会社からすればそういった人材を求めているのでしょうが、強すぎる責任感は自滅を招く危険もあります。

 

人間関係に問題無くても、仕事が忙しいとか難度の高い仕事に就いたとかで、うつ病になってしまう人もいます。そういう方は責任感が強すぎて頑張りすぎてしまうことが一因でもあると思います。

 

言い方は悪いですけど、社長や役員とは違ってあくまでただの一社員なのなら、そんなに会社に入れ込まない方がいいですよ。

 

自分のミスでトラブルを犯したって場合なら、流石にある程度の誠意を見せることは大事でしょう。そういうことでもないのなら、あまり会社のために無理はしないことです。どうしても残業が多くなるほど仕事が多いのは、上司の采配ミスでもあるんですから。

 

最後に

実際に責任感の強い後輩が潰れかけたことがあったので、新人には割と多いんじゃないですかね、頑張りすぎる人。

 

残業が多いときって、あまり自分で疲れに気付かないものですけど、確実に身体や心にダメージは蓄積されています。肩の力を抜いて仕事していきましょうね!