まったりぐったり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

若い内からリスクを恐れて決断と行動を起こせないと、将来後悔する

f:id:kujoyugo:20170224214559j:plain

自分より年下の人が、将来のことを真剣に考えて、大きな決断や行動を取っている姿って、純粋に憧れますよね。

 

今の時代はネット上にいくらでもそういう方がいますから、本当にすごいなと思います。

 

学生時代からブログを運営して人気ブロガーになっていたり、ネットビジネスで成功して影響力の高い人になっていたり。

 

10代、20代の内から、一人で食っていける力を身に付けた人を見て、自分って本当に怠惰な生活を送っていたなぁと反省しました。

 

将来をろくに考えずに生きていた苦い記憶

僕は学生時代、日記ブログ以外で、きちんと書いていたブログなんてありませんでした。

 

ネットビジネスもやったことありませんし、それどころかアルバイトもしたことありません。

 

つまり自分の力でお金を稼いだ経験が一切なかったんですよね。学生なんだから社会人になるまで勉強だけしていればいいって思ってました。

 

と言っても、そんなに勉強せずに遊んでいることの方が多かったですけどね。正直、親からすれば穀潰しに近い存在でした。社会に出た今、迷惑かけていないだけ唯一の親孝行です。

 

僕がこうやって遊んで暮らしている間に、学生時代から努力を積み重ねた人たちが、成功者として名を上げていくんでしょう。

 

普通の生き方に安心しているだけに過ぎなかった

当時は自分の方が普通だと思っていました。いえ、今でも普通だと思ってます。

 

アルバイトはお小遣いや家庭の事情でやる人も少なくないでしょうが、収益を狙ったブログ運営とか、ネットビジネスとか、普通学生時代に本気で取り組みます?

 

サラリーマンや公務員になるのが普通の生き方なんですよ。ネットで稼ぐ、なんて才能のある人だけが成功する未知の領域だと思ってました。

 

世間の流れを見ても、大半の人がこういう考え方だと思います。だからこそみんな就職活動するんでしょうしね。

 

それで僕は、何の疑問もなく就職活動してサラリーマンになって、ただ与えられた仕事をこなすだけの日々を送っていたんですよね。普通の生き方を送ることに安心していたんです

 

ある日、「普通」ではいられなくなる日が来るかもしれない

f:id:kujoyugo:20170224215223j:plain

5年ほどのほほんとサラリーマン生活を送っていたら、体を壊して退職することになりました。半年後には退職して、フリーランスになります。

 

今の僕が思うのは、学生時代から将来をちゃんと考えて、自分の力で食っていける力を身に付けておきたかった、ということです。

 

僕のように病気になる以外にも、リストラ、倒産、震災、鬱病など、様々な要因により、いつの日か「普通」の生活を送れなくなる可能性は、誰にでもあります。

 

だからこそ、若い内から行動を起こすことはとても重要なんです。

 

別に安定した職に就きたいからサラリーマンになる、とかでもいいんです。でも、ずっとそれだけでいられる保証はないですから、何か他にもやった方がいい。それがいつか、絶対自分を助けることになりますから。

 

僕は体を壊して後戻りできない状況になってしまいましたが、今からでも一人で食える力を身に付けられるよう、行動を起こしていきます。この先まだまだ何が起こるか分かりませんからね。

 

20代を越えて社会に出たら、時間が流れていくのってほんとあっという間です。大きな決断を先延ばしにしていると、すぐに歳を取っていきます。

 

決断と行動を起こさないのは、それこそがリスクになってしまうんですよね。僕は今、それを痛感しています。行動しないリスクというものを常に考えていくようにしたいと思っています。