まったりぐったり

まったりぐったり

自堕落ブロガーがお仕事や趣味の話を書くブログ。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

どうして大人になると夢を捨てていってしまうのか

f:id:kujoyugo:20170221174449j:plain

夢を持って生きる、ということはとても大切です。

 

漫画家になるとかアイドルになるといった、大きな夢でなくても構いません。

 

関東に住んでみたい。または田舎に住んでみたいとか。

 

外国語を勉強したい、やってみたい仕事がある、ペットを飼いたいとか。

 

普段こうしたい、こうなりたい、と考えていることがあると思います。

 

でもそういった夢を、本当に叶えられる大人はどれくらいいるでしょうか?

 

就職を機に、夢を叶えられなくなる人が大多数である

f:id:kujoyugo:20170221172314j:plain

僕にも夢があります。

 

・英語を勉強して、英会話ができるようになりたい。

・犬か猫を飼いたい。

・ゲームをたくさんできる時間が欲しい。

 

全て、やろうと思えば、不可能ではないものしかないです。ですが、僕は社会人になって5年経ちますが、まだ一つも叶えられてはいません

 

たとえば一つ目の英語については、元々学生時代さぼっていたため、初歩の初歩からでしたが、一年ほどきっちり勉強していた時期がありました。

 

ですが、会社で認められるほどの英語力に達するには何年も先の話になるので、いくら勉強しても会社では認められませんでした

 

会社は会社で、業務に繋がる資格勉強を毎年要求してくるので、結局のところ、英語を勉強する時間を資格勉強にあてた方が、会社で評価されて給料アップに繋がったのです。

 

英語も会社の勉強もどちらも継続できれば良かったのでしょうが、そこまで根性のない僕には続けられませんでした。そんなに無理するほどならいいや、と思ってしまったのです。

 

そうやって、夢見ることがあっても、仕事が忙しいから、仕事上の都合があるから、と色々なことを諦めてきたのです。

 

居住地の問題であれば尚更ですよね。田舎に行きたい、海外に行きたい、と思っても、会社に行けなくなるから無理、という人はたくさんいます。

 

世界一周をしたい、という夢を持っている人も、就職してしまったら自由に休みを取ることはできません。給料いらないから一ヶ月遊びたい、なんて思っても無理ですからね。

 

多くの大人が、就職して仕事ができることで、夢を捨てていってしまうことになるのです。

 

日本では、夢を捨てていない大人は叩かれる

f:id:kujoyugo:20170221174943j:plain

逆に就職をせず、夢を捨てていない大人もいます。

 

漫画家、ミュージシャン、アイドルを目指す人。

フリーランスになってやりたい仕事だけやる人。

起業して自分の会社、お店を持つ人。

 

それで成功した人はともかく、まだ夢に向かって進んでいる最中の人は、日本では確実に馬鹿にされます

 

これは、子供には中々分からない感覚だと思います。大人が夢に向かって努力しているのに何故叩かれなければならないのか。叩く人は、社会人、または大学生あたりが多いでしょう。

 

夢を持つ人を馬鹿にする理由。それは自分たちが進んでいる道を肯定したいからです

 

誰しも羨ましいんです。誰だってできるものなら自分のやりたいことがしたいんです。

 

だからこそ、本当はやりたいことがあるのにリスクが怖くて就職してしまったという人は、安定した道を選んだ自分が正しいと思いたいから、リスクを選んだ人たちを見下すようになります

 

失敗するからやめておけ、おとなしく就職しろと、リスクばかり強調するような大人になってしまいます。

 

悲しい人生ですよね。安定した道を選ぶことは決して間違いじゃありませんが、夢を追うことも間違いじゃありません。自分が何を大事にしたいかという優先順位があるだけなんです。

 

一度きりの人生、リスクは避けられない

f:id:kujoyugo:20170221175550j:plain

そもそもサラリーマンにも公務員にも、リスクはあります

 

リストラ? 倒産? それらもリスクですが、夢を追うリスクに比べれば微々たるものでしょう。ですが、最も大きなリスクがあります。

 

自分のやりたいことができない。これは人生にとって最大のリスクです。

 

人生は、たった一度きりなんですよ。仕事があるから、という理由であれもこれも諦めて、それで満足できますか?

 

 

 

夢に向かって進むことにはリスクがあります。一番は金銭面ですよね。

 

でも、何も夢破れたとき、すぐにお金が尽きて死ぬわけじゃありません。再起は可能なのです。ただ、その場合は、最初から夢を追わずに就職していた人の方が、安定した給料を貰うことができるでしょう。

 

最初から失敗すると分かっている夢なんてありません。でも夢を諦めて安定を選んだ大人には絶対に叶えられないものです。

 

どちらを選ぶのが正しいのかではなく、どちらを選びたいかです。自分の選択に後悔していなければ、楽しく生きることができるでしょう。就職こそが正しい、という日本の風潮を鵜呑みにするべきではないと思います。