まったりぐったり

自堕落ブロガーがお仕事や趣味の話を書くブログ。まったりしていってね!

まったりぐったり

MENU

結婚するから趣味をやめる? 建前を気にして幸せになんかなれないよ

 

結婚を機に、アニメを観なくなった、ゲームをしなくなった、という人は多いですよね。結婚の前に、恋人ができた時点でやめる人も少なくないです。

 

やめた理由が、単純に好きではなくなったから、というのであれば別にいいと思います。趣味が変わるのは自然なことだし、新しい趣味を見つけられたのであれば、そちらを楽しんでいけばいいです。

 

ただし、恋人や家族に対して、この趣味を持っているのは恥ずかしいからやめるというのが理由なのであれば、将来後悔することになるかもしれません。

 

家庭内で自分らしく生きられない人は不幸になる

f:id:kujoyugo:20170217230225j:plain

 

学校や職場で本当の自分を100%出せている人というのはどれくらいいるでしょうか。

 

きっと、そんな人はごくわずかです。

 

みんな多かれ少なかれ、社会の場では本当の自分を隠しています。社会の場での人格が嘘というわけじゃない。ただ、自分らしさを100%出しているわけではないのです。

 

それではいつ自分らしく生きているのかと言えば、一人でいるとき、家族と過ごしているときでしょう。自分を偽ることなくいられる、とても大切な空間が「家庭」というものなのです。

 

結婚を機に趣味をやめる、または変えるというのは、家庭内で自分らしく生きられていない証拠です。

 

唯一自分らしく過ごせるはずだった家庭内ですら、本当の自分を偽って過ごす場所になってしまいます。

 

それは、想像するよりずっと苦痛なことですよ。最初は我慢できても、確実にフラストレーションが溜まっていきます。

 

趣味を変えてしまうくらいなんだから、他にも家族の目を気にして自分を押し殺す場面が出てくるでしょう。そういった生活が1年、2年……さらには10年、20年と続いていって、果たして幸せでいられるでしょうか?

 

建前を気にして選んだ趣味は、本当の趣味にはならない

f:id:kujoyugo:20170217230015j:plain

 

趣味、好みというのは、自分らしさです。

 

人は価値観が違います。日本人は多数派が正しいと思いがちな性質がありますが、何を好み、何を楽しめるかというのはみんなそれぞれ違うんです。

 

テレビゲームが好きな人もいれば、スポーツが好きな人もいる。

インドアが好きな人もいれば、アウトドアが好きな人もいる。

一人で楽しむことが好きな人もいれば、みんなで楽しむことが好きな人もいる。

 

大事なのは周りにどう思われるかという建前なんかじゃなく、自分が心の底から楽しいと思える本心です。

 

建前を気にして選んだ趣味は、絶対に本当の趣味になんかなりません。

 

相手の趣味を、そして自分の趣味を大事にしよう

f:id:kujoyugo:20170217230501j:plain

 

友人、恋人、夫婦。彼らの趣味を否定することは絶対にしないでください。少なくとも周囲に迷惑をかけるような趣味でなければ、何ら問題はないのですから。

 

あなたが何気なく、「そんな子供みたいな趣味やめなよ」「もっと有意義な趣味にしなよ」と言ってしまうと、相手を傷つけることになります。

 

そうやって否定の言葉を聞いている内に、嫌になって趣味を変えてしまいます。それにより自分らしく生きられなくなって、ストレスを溜めていくのです。そのストレスは、必ずどこかで爆発されることになります。

 

また、自分の趣味こそ、一番大事にしてください。

 

あなたが本当に好きなことは何ですか? 興味のあることは何ですか?

 

せっかく大切な人と出会えて結ばれたのに、自分を押し殺していて本当に満足でしょうか。自分を偽らないと、認めてくれないような人ですか?

 

もし、何も言われていないのに、自分から趣味を変えようとしているのであれば、思い切って本当の趣味を暴露してください。自分らしく生きられるもっと幸せな生活が待っているかもしれませんよ。