まったりぐったり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

成功者に嫉妬しても時間の無駄。自分が成長する踏み台にしよう

 

 

 

ネット上ではよく見かけますね。有名プロブロガーの方は、毎日数え切れないほどの嫉妬の言葉を受けていると思います。月間何十万と稼いでいる人はもちろん、なんとか生計を立てられるレベルのフリーランスでさえも、サラリーマンから中傷を受けることは多いですね。

 

有名なのはまだ東京で消耗してるの?を運営しているイケダハヤトさんです。炎上ブロガーとしても有名ですが、間違いなくブロガーとしては成功者の一人です。しかし彼の名前をGoogleで検索してみてください。出るわ出るわ批判の嵐。

 

もはやイケダハヤトさん本人は、気にも留めていないでしょうが、どうしてここまで叩かれるのでしょうか?

 

自分の意見をネット上で発信しているだけなのに、ここまで叩かれなきゃならない理由は全くないんですよね。そこには嫉妬という感情が入っているように思えます。

 

意見ではなく、個人への悪口になってしまっている

もしイケダハヤトさんが月収3万円のブロガーで、アルバイトで生活費を稼ぎながら、「まだ東京で消耗してるの?」ってブログで言っていたらどうでしょう。こんなに叩かれてはいないと思います。

 

「そんな考え方もあるんだー」「いやそんな意見は納得できないなぁ」というような感想を持たれるだけだと思います。本来、ブログもネットもそういうものですしね。

 

発信した意見に反対意見を唱えられることはあっても、ただ「嫌い」とか「幼稚」とか「つまらない」なんて攻撃するようなことはないでしょう。意見じゃなくて個人への悪口ですからね、それ。

 

他人を好きになるか嫌いになるかに、嫉妬は関係ありません。ですが、わざわざネット上で声を出して叩く、攻撃するというのは、そこに嫉妬という感情が入っていると思われても仕方ないです。

 

だって、ネットですよ。これが同僚や上司とかだったら、嫌でも関わるから愚痴の一つも言いたくなるのは分かります。でもブログ運営者叩きに奔走する人は、わざわざ嫌いな人に関わりにいっているだけですよねえ……。

 

嫉妬する暇があるなら踏み台にしてしまえ

f:id:kujoyugo:20170215221157j:plain

別に僕はイケダハヤトさんが好きというわけではありません。まさに東京で消耗中の僕には痛い記事をバンバン書いてきますしね! だけど、参考になることもたくさんあるので、彼のブログは定期的に読ませていただいています。

 

そもそも成功者を嫉妬する精神がよく分からないんですよ。嫌いな人のブログなら見なければいいし。好きな人のブログだからって、全部鵜呑みに信じているわけじゃないでしょ?

 

参考にならないと思う意見は無視してしまえばいい。気に入った人の意見だけを盲目的に全て信じ込んでいたら、それはただの信者です。

 

気に入らない人でも、成功者であることは事実です。なら、参考になるところだけ拾って、自分が成長する踏み台にすればいいじゃないですか。

 

わざわざ自らのブログで、特定個人を叩く記事を書いている人ってのは、それこそ時間を無駄にしすぎですよ。そんなことしている暇があるなら、自分が成長するためのアクションを起こしましょう。その成長に役立たないと思った人の意見なんて、気にしなければいいだけです。

 

個人を叩く人っていうのは、往々にして自分の好きな人には徹底的に惚れ込む傾向があります。ですがそれは視野を狭めているだけです。普段から悪口叩きまくっている相手の意見なんて、正しい目線で見れないですよね。

 

結局のところ、リアルでもネットでも、他人の悪口って聞きたくないです。記事に対する意見だって、わざわざ攻撃するような口調で批判しなくても良いですし。悪口は自ら品位を下げる行為です。

 

そもそも名指しで批判する意味なんてなくて、自分の意見をただ発信すればいいだけなんです。他人の足を引っ張ることより、自分を成長させることに時間を使いましょう。